1992年6月から7月にかけて、大阪府熊取町で17歳から22歳の若者が連続して自殺、変死するということがあった。
一週間ごとに、それも決まって水曜日か木曜日に自殺するというミステリーで騒がれた。

自殺した5人については以下の通り。
6月4日(木)無職・A君(17歳)が自宅そばのタマネギ小屋で首吊り自殺
6月10日(水)土木作業員・B君(18歳)がかつて住んでいた家の納屋で首吊り自殺。
6月17日(水)旅館従業員・C君(18歳)が農作業小屋で首吊り自殺。
6月25日(木)熊取町在住の岸和田市職員D君(22歳)が町内の森で首吊り自殺。
7月2日(木)熊取町内の女子大に通うE子さん(19歳)が胸を果物ナイフで刺し自殺。

また5人の自殺の前に2人の17歳が亡くなっていた。

4月29日(木)シンナーによって板金工のX君(17歳)が熊取町内の貯め池に落ちて死亡。
5月29日(金)無職・Y君(17歳)がシンナー吸引による心不全で死亡。

シンナーで死んだ2人を合わせると、死体が見つかった場所はすべて半径1.2km以内に集中している。
この狭い範囲の中、2ヶ月半で7人の若者が亡くなっていた。

自殺、不審死の熊取町の若者たちのうち、岸和田市職員のD君と女子大生のE子さん以外の5人はシンナーやバイクをキーワードに接点があった。

A君・・・・17歳。
中学3年時はほとんど登校せず、パチンコ店などに繰り出していた。
当時の同級生によると、B君よりも”暴れもん”という印象だったという.
卒業後は美容師の専門学校に入学するが中退し事件当時は無職だった。
1991年、B君、C君らとともに暴走族を結成。
特にB君と仲が良かったようだ。
シンナーを常用しており、B君とはバイク仲間でありシンナー仲間であった。

B君・・・・18歳。
熊取の不良達の間では有名だったという。
A君、C君らと立ち上げた暴走族のチームでは特攻隊長のような役割をしていた。
当時、妊娠中の彼女がいて入籍する予定もあり新しい住まいもすでに決まっていた。
A君の葬儀では「何で死んだんや」と悔しがり、「俺たちはしっかり生きていこう」と仲間を励ましていた。
だがその数日後、自身も自殺する。

C君・・・・18歳。
高知出身。
野球少年で、野球の強豪校に進学したが中退、その頃高知にやって来ていたB君の友人を通してB君と知り合い仲間となる。
その後、熊取町にやって来てB君の父親が経営する土建会社でB君と一緒に働いていたりした。
B君が自殺した当時は三重県鳥羽市の旅館で手伝いをしていたが、自殺の報せを聞き熊取町に戻ってきた。
しばらく友人達と会ったりしていたが、「以前付き合っていた女性(当時17歳)に会いたい」と思い、2人の友人を連れて女性に会いにいった。
だが女性から「もうすぐ他の男性と結婚する」と聞き、友人に「ロープはないか」と言っていたという。
その6時間後、自殺死体となって発見される。

D君・・・・22歳。
岸和田市職員。

E子さん・・・19歳。
鳥取県米子市出身。
地元の高校を卒業後、大阪体育大学に進んだ。
高校時代はソフトボールをやっていたが、大学進学後は陸上競技に転向した。
町内の学生寮に住んでいた。遺書はなかった。

X君・・・17歳。
A君・B君の中学時代の後輩で在学中に交流があった。
Y君とは同じ中学。

Y君・・・17歳。
A君・B君とバイク仲間だった。
3人でよく熊取近辺を走っていたという。

【不審な点】
自殺とするには不審な点が多く見うけられた。

☆A君の「借金を返して欲しい」というメモ以外は、誰も遺書らしきものを用意していなかった。
死ななければならない理由も思い当たらない。

☆農作業小屋で首を吊ったC君は、なぜか手首を後ろ手に縛っていた状態で死んでいた。
警察は衣服に乱れのないことと、自分1人でも縛れる結び方だったので自殺と断定した。
これから死のうとする人間がどうして手を縛る必要があったのか。(衣服が汚れていた、という目撃証言もあった)

☆D君は熊取と隣りの貝塚市の境界近くの小高い丘にあるクリの木でシャツで首を吊って自殺したが、そのシャツはとうてい手の届かない高い枝にかかっていた。

☆体育大生だったE子さんは住宅地の中のグラウンドを背にした道路でナイフで首と胸を刺して死んだ。
遺体は道路沿いの細い側溝にはまっていた。
時間はまだ人通りのある8時過ぎ。
なぜこんな目立つ場所での死を選んだのだろうか・・・。
また、E子さんは陸上競技の自己ベスト記録を出したばかりで喜んでいたばかりだった。
死ぬ理由など思い浮かばない。
当日、血だらけの状態で発見されたE子さんは意識が朦朧とする中で「違う、違う」と繰り返していたという。

☆B君、C君、E個さんの3人は以前から知人や家族に「車に追われている」と話していた。
B君は「白いクラウンに追いかけられている」と母親に漏らし、それを聞いた母親がC君に尋ねてみると「何度かそういうことがあった」と話したという。
E子さんは友人に「黒い車につけられている」と話していた。