今から10年くらい前の話。

初めて一人暮らしをする事になって、友達二人(A.Bとしておく)を呼んで夜中まで部屋でゴロゴロしながらゲームしたり飲んだりしてた。

時刻は夜中の2時回ってて、友達Aが酒足らないから買いに行こうって言って、三人で近所のコンビニに行く事になった。

行きは夜中でも車がけっこう走ってる大通りを歩いて行って、5分くらいでコンビニ着いて酒とかお菓子買って帰る事にした。

ふいに友達のAが「この道から行った方がお前んち近いんじゃね?」ってコンビニの横の細い路地の方向いた。
自分もまだ引っ越して間もないからその辺の道良く知らないし、夜中で酒も入ってたからちょっと探検気分でその道から帰る事に。
民家とかマンションが並んだ普通の路地なんだけど、あんま街灯も無くて、なんかちょっと不気味な感じだった。
でもコッチは三人だしってその時は余裕もあった。

家の方に向かって歩いてくと、路地を抜けたとこがT字路になってて、またその先に細い路地があった。
地図上で考えるとその路地の先が自分ちの方なんだけど、T字路の前で先頭歩いてたAが急に止まった。

B:「どうしたんだよ?」

Bが声を掛ける。

A:「なぁっ、アレなんだと思う?」

Aの指差す先を二人で見た。

細い路地の隅に何かがいた。

人なのか?

一瞬、街灯かとも思った。
離れた距離から見ていてもわかるくらいそれはかなりデカく、2mは軽く超えている。
そして、そいつの体は蛍光灯みたく全身が真っ白に光っていた。
凄く大きな人(みたいなナニか)が壁に寄り掛かって、両手を空に向けていて、まるで何かにお祈りしてるみたいな感じだった。

三人共そいつから目が離せなくなって、しばらくぼーっと見入ってたんだけど、ふいに「逃げた方がいい!」という思考が湧き出てきた。

自分:「この道、通るの無理だ引き返そう」

自分が言うと、Aは「大丈夫だよあの道を行こう」と何故だか妙に冷静に言って進もうとした。
Bがすかさずそれを制止して「アレなんか変だよ、おかしいよアレの前よくわかんないけど、通らない方がいいよ」と言って元来た道を帰ろうとAの腕を引っ張った。

けれどもAはいつもとなんか様子が違って、ヘラヘラした感じで「大丈夫だよ~行こうよ~」とか言って自分とBの止めるのも聞かずにそっちへ行こうとする。

その時、光ってるそいつの首(なのかよくわからんが)がグリンってコッチ向いて、両手をまだ上げたままの状態で近づいて来た!

自分とBはそれ見て発狂。
まだヘラヘラしてるAの腕を二人で無理矢理掴んで引きずる様に元来た道を必死で引き返した。

戻ってる途中、何故かそこらの民家の犬がいっせいに鳴きはじめて、自分もBも半泣きでともかく明かりのあるトコへ逃げなきゃって、なんとかさっきのコンビニの前に来た。

途端にAがさっき迄のヘラヘラと打って変わって、ガタガタ震え出して「アレ・・・・・・アレ何?・・・・・・・・・怖い怖い怖い怖い怖い・・・・・・・・・」と、ぶつぶつ言いながら凄い怯え出した。

それで落ち着くまでとりあえずコンビニに入った。
夏だったしもう時間も3時過ぎてたから、日の出迄とりあえずココにいようって言って、三人でガクブルしながら夜明けを待って大通りから家に帰った。

後日、”そいつ”のいた辺りを昼間に見に行ってみたけど街灯も電信柱さえなかった

Aはあの時、凄く怖かったのに何故か絶対大丈夫だという変な確信があって行こうとしたらしい。
今となってはなんであんな怖い物に近づこうとしたのかが自分でも謎だそうだ。