霊的な話ではありませんが、小学校5年ぐらいのときに体験した恐怖体験です。

私は母子家庭でその当時は木造の古いアパートの1階に母親と2人で住んでいました。
アパートは小さな通りから更に奥に入った袋小路に建っています。

ある日、夜中にふと目を覚ましてベランダではなく通路側の窓の方を見ると、カーテンが閉まっているけど、かなり隙間があってその隙間から顔??がチラチラと見えました。

その窓はザラザラの模様が入っていて中が見えないようになっているけど、一番上だけは普通のガラスなので表においてある洗濯機の上に乗ると部屋の中が覗けます。

私は恐怖に慄きながら布団の中から声も発せず、じっとその方向を見ていました。
表にいるのはボウズ頭の男で、通路には外灯も点いているので中の様子は暗くてよく見えないらしく、しきりに顔を動かして中を見ようとしていました。

そして手を日差しを遮るように目の上に当てて覗いて来たのですが、ナイフのようなものを持っていて外灯に当たってその男の頭の脇でギラギラと光っていました。

怖くて怖くて布団の中で半べそになりながら、早く諦めてくれと願うばかりでした。
男は部屋の中がよく見えていないようでしたが、窓を開けようとしているらしく、木製の窓が力が加わるたびに「ギッ」ときしむ音を立てていました。

私は布団の中で汗びっしょりです。

たぶん時間にして2~3分ぐらいだったと思いますが、しばらくして男は諦めたのか、どこかへ行ってしまいました。

今でも窓から覗く男の光景が焼き付いていてトラウマになっています。

余談ですが男が去った後に泣きながら母親を起こして訴えました。
母親は眠たそうに「夢でもみたんだろうから早く寝なさい」みたいなことを言っていたのですが、そのとき近所からギャーという女の叫び声が聞こえて、飛び起きました。

しばらくして警察が来たりですごい騒ぎになりましたが、犯人は強姦目的で部屋を物色していたようで、アパートの裏に逃げ隠れていたところを取り押さえられてようでした。

うちの洗濯機にも足跡がクッキリとついていて、警察の人が念入りに写真を撮っていました。