これは俺が21の時に体験した話。
少し長くなるかもしれないけど、どうか最後までお付き合いしていただきたい。

当時大学の夏休みで、暇を持て余していた俺は、友人AとBで何か楽しいことは無いかと話していた。

A:「そういえば、最近◯◯のほうに廃村があるって聞いたぞ」

Aが言い出した。

位置も曖昧どころか、◯◯の方としか分からない俺らだったが、その時は、廃村という言葉だけで気持ちが高ぶり早速ネットで調べて出発することにした。

実際、本当にそんな場所があるのかと最初は半信半疑だったが・・・でも、調べてみるとすぐに見つかった。
そういうことで、行こうと決めたその日の夜11時くらいに、友人Aの車で向かった。

予定では4時間くらいで着くはずだったが、道に迷ったせいもあり空が明るくなってきた頃に到着した。
もうそこは想像してた以上の光景だった。
本当に、かつてこんな場所に村があったのか?と疑うような山奥だった。
でも実際に、木々や草花で生い茂られており、荒れるに荒れた廃村が存在していた。
道端には割れた食器や和式の便器、冷蔵庫や長靴など落ちていた。

建物はいくつもあったが、俺らの目的は廃病院だった。
そこは、この村で1番大きな建物でどのサイトにもメインで紹介されていたからだ。

予想通り、その大きさからすぐに病院らしきものがみつかった。
もう空が明るかったせいか、俺らは躊躇なく病院内へはいっていった。

床はエアガンの玉がいたるところにちらばっていた。
恐らくサバイバルゲームをしに来た人たちのものだろう。

実際それ以外には、特に何もなかった。

手術室や病棟などをイメージしていたが、廊下と狭い部屋が連なってる以外、なにもなかった。

A:「ほんとにここが病院か?」

俺:「でも、写真で見た建物と一緒だよな?」

B:「ん?ピザの箱おちてるぞw」

A:「まさかここまで配達してもらった訳じゃないよなw」

そんな会話をしながら歩いていると、床にマンホールのような穴が空いているのを発見した。

A:「いく?」

俺:「いく」

もちろん俺らはその下を見に降りる事にした。

今までのところ、案外期待はずれでがっかりしていた俺らとしては、当たり前の選択だった。
懐中電灯で照らしながら降りると、すぐに地面が見えたが、地面に降りたところあたりで、突然今までに経験した事のない悪寒を感じた。

恐らくAとBもだろう。
顔を見ればすぐに分かった。

俺も多分、こいつらと同じ顔をしていたと思う。

突然の寒気に顔がひきっていた。

俺:「やばい!戻るぞ!」

そう言った途端、もっと恐ろしい事が起きた。

あたり一面から、女、男、子供の笑い声が聞こえてきた。
もうなんか、何人いるんだよってくらい色んな笑い声が聞こえてきた。
言葉では表現できない不気味な笑い声だった。

恐怖のせいか、そこからの記憶がほとんどない・・・。

気付いたら車の中でガクブルしていて・・・たぶん猛ダッシュで車まで走って来たのだろう。
息が上がっていて、会話すらできなかった。

Aは慌てて車のエンジンをかけようとしたが、エンジンがかからない・・・なんてベタな話ではなく、普通に発車できた。

しばらく三人とも震えが止まらなかった。
車の窓から病院を見ると、そこにあったはずの病院がどういう訳か消えていて・・・もう意味が分からなかった。

今までそこの廃病院にいたのに、今見たら何もないただの平地・・・。
それに気付いていないAとBには言わなかった。

その日は会話も少ないまま、それぞれの家に帰った。

家に着く前に、気休め程度に三人ともお守りを近くの神社で買って帰った。
廃村行く前に買うのが正解だったと俺は後悔してた。

今考えたら、三人でいた方が恐怖心が薄れるはずなのに、なんでそのまま家に帰ったんだろう。
今は、あのまま三人でいれば・・・と本当に後悔している。
次の日、Bが死んだからだ。

喉に、買ったお守りが詰まっていたらしい。
死因は窒息死。
お守りの中身は、真っ黒になっていたらしい。

俺とAは、何故か生きている。
なんでBだけ死んだのかなんてわかる訳もないのに、Aと2人で泣きながら話していた。

あれから数年経つけど、いまだにあの時買ったお守りはもっている。
お守りを振ると、中身がしゃかしゃかいうんだ。
真黒い灰みたいになってるのを想像したら、開けられずにいる。
どうしたらいいのかも分からないから、家に置いてあるんだけど、捨てた方がいいのかな?

たまに夢で、あの笑い声が聞こえてくる。
その夢を見た日は、何故か左手の中指と薬指が動かなくなるんだ。
意味が分からない。

まあ、それ以外に支障はないからお祓いにも行ってない。
これが俺の体験した話。