25年前の夏のある日のこと。
当時ヤンキーだった私(恥)は夜中家をそっと抜け出し、悪友と2人で近所の公園でタバコを吸いながらダベっていました。
周りには誰もいなかったと思いますが、その時、「キーコ、キーコ・・・」と何かをこぐ音が聞こえてきたのです。

????????

公園の入り口から何かが入ってきました。
三輪車でした。

「なんでこんな夜中に・・・?」

2人とも入り口の方を凝視していました。
三輪車と乗ってる”者”の比率がどうも変だったのです。

よく見ると、近づいてきたその三輪車に乗っていたのは・・・大人でした。
汚いカッコをした浮浪者・・・。
私達はビックリするやら怖いやらで、しばしその場で固まってしまいました。

「キーコ、キーコ・・・」

そして浮浪者の顔が公園の明かりで、はっきり見えたときに私達は声も出さずに走って逃げました。
何故ならその顔が、満面の笑みを浮かべていたからです。

へんな汚いチューリップ帽をかぶっていたのが鮮明に目に焼きつきました。
私達は走りました。
とにかく大通りまで走り切りました。

「きも悪ぅー!」
「なんやあれ。頭おかしいんちゃうか」
「恐いんじゃ!」
「変な帽子かぶっとったなあ」

など、その浮浪者の悪口を言ってる間に中学生の私達はすぐに恐怖感が薄れ、もう一つの公園に行くことにしました。

そしてまたタバコを吸いながら、30分ほど喋っていたでしょうか。

「キーコ、キーコ・・・」

??????????

また何かを漕ぐ音が聞こえてきました。

「ぎゃああああああ!!!!!!!!!!」

すごい悲鳴を2人で上げ、音の聞こえる反対側の公園のの出口から走って逃げました。

今なら、コンビニなど24時間あいてる店がたくさんありますが、当時、開いてる店など皆無に等しく、とりあえず私達は少し走った所にあった、4階建て市営住宅の4階の踊り場に身を潜めました。

昔の市営住宅(今の古い感じです)は、外階段がいくつもあり、一階につき二つの住居のドア、というものでした。
私達はいくつかある階段の中の、手前から3番目を駆け上がりました。
せまい踊り場の階段の壁にかくれて、「コワイ~」と声をひそめて言いながら、しばらく2人で手を握り合って震えていました。

すると「キーコ、キーコ・・・」と、また三輪車を漕ぐ音が聞こえてきたのです!

もう私は半泣きでした。
でもあれをやり過ごせば帰れる・・・と思い、じっと我慢していました。

「ギーコ、ギーコ・・・」

音がだんだん大きくなり、こっちに近づいてくるのは見えなくてもわかりました。
踊り場からは外が見れないのです。
たとえ見れても怖くて見れなかったでしょうが。

「ギーコ、ギイー」

その時、三輪車が止まりました・・・。
誰かが降りる音もしました。
下で、です。

そして、「コツコツ・・・」と階段を上がる音が・・・。

それは紛れもなく私達のいる階段を上ってきているのです。

「コツコツ・・・」

勇気を出して階段を覗き込むと、人の頭が見えました!
それはあの変な・・・チューリップ帽・・・

「ぎゃああああああああああああああ!!!!」

私達は限界でした。
泣きながら、狂ったように横のドアのベルをピンポンピンポン鳴らしまくり、ドンドン叩きまくって、「あけてー!!助けてー!!!」と、そこの住人のおっちゃんがドアを開けたと同時に、2人で部屋に土足で飛び込み必死で今あったことを説明しました。

そして、親に電話して迎えに来てもらい、おっちゃんが下を見に行ったら、その浮浪者はいなかったとの事。

ほんとに体験した出来事なので、オチがなくて、ごめんなさい。
今でも不思議なのは、あの浮浪者なんで私達のいるところが分かったんだろうって事。

幽霊より、ドキュソが怖い私です。

大人になって思うことは、一番怖かったのは市営のおっちゃんじゃないでしょうか。
だって夜中に涙と鼻水だらけで、家の中に突進して来る女の子2人って・・・。