帰り際、自分だけ違う方向の電車だったので、仲間たちに別れを告げ電車を待った。
繁華街と言うこともあってすぐ電車が来るんだけど、やっぱり人が多いのね。
前のほうに立ってたもんで、降りてくる人を待っている時に電車の壁側に寄り添う形で待ってたんだ。
そこであり得ないものを見た。

見る前に他の乗客に「早く降りろよー・・・」とかそんな事考えながら頭を下に向け、ため息をついた。
だから偶然視線を下に落としただけだったんだ。

すると、電車とホームの間に不自然に白い顔をした、女の人らしいモノと目が合った。
全く生気を感じられない無表情だった。

俺はビクッとして、小さく「うおっ」とか声に出てたと思う。
不可解なモノに突然出くわすと案外本格的な反応出来ないんだな。
混乱して一度目を逸らして、もう一度見た。
しかし、いなくなった。

え、人?なら駅員さんに・・・いや、でもあり得ない・・・と思う。
たぶん、でも・・・。

煩悶を続けてるうちに降りる人が終わり、まわりの乗客たちが乗り始めた。
後ろの人にせっつかれる形で俺も乗り込み、満員の電車に収まった。

結構呑んだし、見間違いだよな・・・。

そう自分に納得させながら電車に揺られ帰宅した。
家に着いた頃には結構酔いが醒めていた。(家が遠くて繁華街から2時間くらいかかるんだ)

もういい時間だし風呂に入って寝るか、と思い風呂へ。
体洗ってる時に妙に寒かったんで、換気のため家を出る時窓をすこし開けて出た事を思い出した。
立ち上がって窓に手を伸ばそうとしたその時、またあり得ないモノを見てしまった・・・。

窓の隙間に、さっきの不自然に白い女の顔が闇に浮かんでいた。
また、目が合った・・・。

うわっ!と声に出して今度は後ずさりし、転んで尻餅ついてしまった。
窓から目が離せず、女も依然としてこちらを見ている。

ここ、二階だし風呂の窓のまわりには屋根とかそういう足掛かり的なモノはない。
つまり、こいつは・・・。

風呂から飛び出し一目散に部屋に駆け込んで急いで服を着た。

なんでだ?俺なんもしてねえよ。
なんで見てんの?

すると、部屋の隅からカタンッという音。
反射的に見た。
クローゼットが開く音で・・・隙間に”あの”女の顔があった。

理不尽な恐怖を感じ、なんか半分キレ気味になってたと思う。
「ああああ!」と叫びながらクローゼットをバァンッと閉じ!

衝動的に家から出ようとも思ったんだけど、これって、ついて来る?
ならどこに行っても同じかよ・・・と思い、もういい寝る!と変な方向に決意して布団に入って毛布を深く被った。

なるべく意識しないように目を瞑っていたけど、部屋で物音がする度心臓バクバク。
知らん、知らん!と思いながらなおも寝ようと頑張った。

しばらく経って、物音が落ち着いた。
すこし安心した俺だったが、ソレは更に追い打ちをかけてきた。

あきらかに布団の中、俺の耳元で「ずっと、見てるから」と聞こえた。
戦意喪失。
もう無理・・・となったところで意識が飛んだ。

いや、でも、本当に原因が思い当たらないんだ。
なんであいつは俺を見るんだろう。

あれ以来、隙間が怖い。