クラブの店員をしてた時期があって、その時に起きた話。

当時、ダンスに夢中になってて週末は必ずと言っていいほどクラブに通ってたんだわ。
そんな訳で、そこのオーナーとは必然的に仲良くなってた。

ある日、店員が一度に2人ほど辞めてしまい「もしよかったら、うちで働いてくれないか?」との、お誘いがきた。
初めは迷ってたんだけど、クラブに通うお金も馬鹿にはならないし、タダで店内で流れてるダンスのビデオも観れるし、むしろ好都合だと思い、アルバイトというかたちで働かせてもらったんだ。

でも、いざ働いてみるとこれがかなりキツイ労働・・・。
お客さんが店に来るまでひたすら店内清掃。
これだけでバイトが終わるときが月1~2回はあったw
だから、お客さんが遊びに来たときは過剰というぐらいの接待をしてた。

そんな日々が過ぎていき、働き出してから3か月目の頃、2人のお客さんが遊びに来た。
初めて見る顔だったので、常連さんになってもらいたい一心で暇さえあれば2人に声を掛けてた。
で、閉店間際にその2人のうちの1人から「よかったら帰り家まで送って行ってくれないかな・・?」と言われた。

どこの店もそうだと思うが基本、お客さんとは恋愛禁止。
かなり迷ってたんだけど、マジで足がないらしく、店のスタッフには内緒で送っていく事にした。

店内にいる時は気付かなかったんだけど、わりと可愛い子だしノリも良い・・・。
なんとなくだが、彼女にしてもいいかもな・・・なんて考えてた。
それから彼女が店に遊びに来たときは必ず送っていった。
もちろん店のスタッフには内緒で。
男女の関係になるのも、そんなに時間は掛からなかった。
むしろ俺の方が彼女にはまっていた・・・。

その日も店が終わり彼女を家まで送り届け、自宅までの帰路を車で走ってた。
その最中、なにげなく斜め前方に視線をやったら、なんか怪しい感じのする男性が道路脇からこっちをみてた。

とっさに「これはまずい・・・視線変えなきゃ」と思ったんだけど、なぜか視線を変えれない。
その場を走り去るまで僅かの時間だったと思うけど、最後まで視線が合ったままだった。

その時を境にして、今まで見えなかったものが突然見えるようになった。
幽霊ってやつを・・・。

詳しく言うと、あの時の怪しい若い男性。
首が取れ掛かってる。

見えるのはこいつだけ。
むしろ付きまとわられてる感じさえした。
でも彼女といる時だけは不思議と見えなかった

付き合いだしてから2か月目くらいの時だったと思うけど、デートの最中に腹が減ってきて喫茶店に入ることにした。
その店はかなり前から行きつけの店で、窓側から見える海が絶景だった。
先客がいないときは必ず座る席があって、注文する物はいつも海老ピラフとウーロン茶。

二人で店に入った時間帯は夕方頃だったんだけど、ラッキーなことにお客はゼロ。
なのになぜかお気に入りの席には座らず、奥の薄暗い席に座った。
彼女が突然「えっ・・」って小さく呟いたのを聞こえたが、そこはスルー。

店員が来て注文を聞かれ、なぜかその日に限って別のを注文した。
「じゃ、卵サンドとバナナミルクをお願いします」って感じで。
そこで彼女がもう一度「えっ・・・。」と、流石に俺も気になったから「ん?どうしたの?」ってすかさず聞いてみたら、彼女が重い口を開いた。

彼女:「うん・・なんでもないよ。たいしたことないから・・・。でも・・・」

俺:「いや、なんか気になるでしょw教えてよwwww」

彼女:「気を悪くしないでね・・。私さぁ、初めての彼氏と初デートの時、この店きたんだ・・・。」

俺:「へぇーw」

彼女:「でね、座った場所がここでね。彼氏が注文したのが卵サンドとバナナミルクだったの。偶然ってあるんだなぁーって思ってた。」

俺:「ふーん・・・。で、その彼氏は今どこにいるの?」

彼女:「・・・・・・・」

ここで彼女はちょっと涙目になってきた。

俺:「あっ、ゴメン・・なんか余計な事聞いた?」

彼女:「いいの。なんかゴメンね・・変な空気にしちゃって」

俺:「あっ、全然平気wwwww言いたくなかったら言わなくていいよw」

彼女:「・・・・死んじゃったんだ。バイクで事故って・・・」

その瞬間、俺の頭の中で全てが噛み合ってきた。

俺:「もしかして、事故った場所って国道?号線のH町のあたり?」

彼女:「なんで知ってるの!?」

俺:「・・・いや、なんとなく。」

多分推測だけど、この彼氏は俺の身体を通して彼女と会ってたのかもしれない。
そんな事を考えながらその日は喫茶店を出た後、彼女を送って自宅に帰ったんだ。

次の日、このことを友人に話したら「一回お祓いしてもらえ!」ってなって、渋々神社に行ってお祓いをしてもらった。
それから、その幽霊はまったく出てこなくなったんだわ。

で、彼女からも連絡がこなくなった。

まぁ、こないだがアレだったしすぐ連絡するのも気が引けるな・・・。
なんて考えてたんだけど、流石に1週間も音信不通だと不安になって彼女に電話すると「現在、この電話番号は・・・」と・・・。

俺:「ちょwwwおまwww」

焦って彼女に家に行ったらすでに誰も住んでなかった。

いったい彼女と付き合ってた期間ってなんだったんだろう・・・って不思議な話でした。