これは去年の話なんだ。
キャバクラで働く女の子におきた本当の話。

その子は20歳になったばかりで、大学に通いながらキャバクラで働いてるという、よくいる女子大生キャバ嬢だった。
その当時、横浜にあるキャバクラのヘアメイクをしていて、その時聞いた話なんだ。

「最近、ウザイ客につきまとわれてるから、やめよっかな~」

よくある事だと思った。

お店の子達は、お店側(ボーイさん)でもお客でもないヘアメイクには、話がしやすいようで、女の子の愚痴や相談ごとなどはよく聞いていた。
その子(仮にAさん)の話を聞くと、先輩キャバ嬢を指名してきている社長さんの部下にAさんがついていて、その人が粘着質なお客だということだった。

粘着質なお客はよくいるらしい。
ただ、「ありえないんだよ。」とAさんは言っていた。
ボーイさんにも相談したそうだが、自分が管理できないのが悪いと言われ、真剣に聞いてもらえなかったそうだ。

それから2日くらい後。
Aさんが店長と言い争いながら、泣いているのを目撃した。
その後、メイクを直し、髪型をどうするか聞いている間も、いつもの明るさもなく別人のようだった。
その時聞いた彼女の話によると、2日前に家に帰ると、玄関のドアノブに袋がかかっていて、その中に、男性の局部の写真とプーさんのぬいぐるみが入っていたそうだ。
そして、プーさんのぬいぐるみのおなかの辺りが裂けていて、その中から精子らしい液体が流れ出ていたとのことだった。
直感的に、その粘着質のお客だと思ったとのことだった。

そして昨日、休みだったAさんは友達と買い物に行く約束をしていて、駐車場に停めてあっった車に乗ろうとすると、また、同じ紙袋に、今度はAさんの下着が入っていたそうだ。
その下着の中に、ぐちゃぐちゃになったAさんの写真と、今度は血まみれになった剃刀が入っていたということだった。

「もうやめるから、これが最後になるかもね~」

Aさんのメイクをしたのはその日が最後だった。

次の日、自宅で自殺していたAさんを発見したのは、新人のボーイさんだった。

出勤確認の電話に出ないAさんを心配した店長さんが、そのボーイさんに寮まで迎えに行かせたところ、ドアノブで首を吊ったAさんを発見したということだった。
身近でしかも、ほぼ毎日会っていた子が突然亡くなるのは、なんともいえない感じだった。

葬式の後、店長さんから飲み会の席で話を聞く機会があった。
店長さんが言うには、そんな客はいなかったということだった。
そして、Aさんは時々ありもしない話をしていたそうだ。

店長:「よくあることだよ・・・。」

といっていたのがとても印象的だった。

都会の一人暮らし、マンション、孤独。
現代社会において、他人との接点を感じることがすくなくなった今、コミュニケーションをとる事に不慣れな世代の中で、孤独感、注目を浴びたいという願望、羨望、希望・・・。
それが最終的には死を選ぶ時代に儚さを感じた・・・。

ただ、その1週後。
店長さんが逮捕された。

亡くなったAさんのお腹の中には店長さんとの子供ができていたそうだ。
店長さんには結婚を前提に交際してる人がいて、Aさんとは子供の件で激しくもめて、どうしようもなく絞殺してしまったとの事だった。
そして、怖くなって、自殺に見せかけて・・・。
咄嗟に思いついた筋書きだったそうだ。

店長:「よくあることだよ・・・」

店長さんが言っていたのを思い出すと、涙があふれてくる。
取り返しのつかない事をしてしまった時、人の道から外れたことを自覚した人間は、おかしくなるとはよく聞くが、実際、その孤独感や絶望感は想像ができない。

ただ、そういう人間は自殺することもできないんだと思う。
なぜなら、自分の中に絶対に離れられない絶対的な存在がはじめてでき。
何かのために生きてる実感を感じてしまうんだと思う。

それから、ぬいぐるみ、精液、剃刀、血、写真、Aさんが話していた言葉には、何かメッセージがあったんだなと今は思っている・・・。