俺が子供の頃にあった怖い話。
これがきっかけで幽霊とか妖怪を信じるようになった。

10歳位の頃、俺は身体が変な風にすごく弱くて、一週間程風邪で寝込む→次の一週間はめちゃ元気→また一週間寝込む・・・みたいな生活を繰り返してた。
この風邪も毎回40度越えで、医者に長期入院を勧められたらしい。
んでそういう事情からよく家で寝てることが多かった。

この時も家で寝ていて、いつもは母親しかいなかったけど、この日はたまたま親父も家で看病してくれてた。

俺が寝ていた部屋は家族用寝室の役割を持ってた和室で、北側に押入れ、南側にベランダ、西側は居間へと地続きで、東側にはマンションの一室には不釣合いな高さが天井までありそうな箪笥が壁一面使って鎮座していた。
んで俺はその箪笥側に足を向け居間側に頭がある状態で仰向けに寝ていた。

そうやってぼんやりと天井を見て寝ていると不意に足が下側(箪笥側)に向かってグイッと引っ張られる感覚があった。
いつも親父はよく悪戯を仕掛けてきていたので、また親父が悪戯してきてると思い居間に向かって「お父さんがまた悪戯してるから止めるように言って」と声をかけた。

そしたら二人ともすごいビックリした顔でこっちの部屋を見てた。
そう認識してすぐに足がまた下方に引っ張られた。
けど最初みたいに少し引くって感じじゃなくて「ズルズルズルッ!」ってすごい勢いで引っ張られる感じ。

それで顔が掛け布団に埋まりかけた所で母親と父親が俺の名前叫びながらこっち来てくれて、母親が俺の両手持って上に引っ張り上げようとしてくれてた。

俺はすごい混乱してて「え?なになに?なにどうなってるの!?」って母親に聞きながら足元を見た。
そしたら母親が「見ちゃダメ!」って叫んだんだけどもう見てしまってた。

箪笥の下の方の開いた引き出しから二本の手?みたいなのが伸びてて、俺の足首あたりをがっちり持ってた。
その手は指が妖怪人間ベムベラベロみたいに三本で、手の色がマーブル模様って言うの?黒地に赤い斑点があるてんとう虫の逆バージョンみたいな色してた。
あと、ほんの僅かだけ見えた箪笥の奥はなんか紫色だった。

んでそれを見て完全パニックになって「うわあうわあ」って叫んでたら、いつの間にか親父が水っぽいものと葉っぱを持って俺の足元にやってきて、その手と俺の足に水っぽいものをかけて葉っぱでバサバサ掴んでる手を叩いてた。

でも全然手は放す雰囲気がなくて、俺めちゃめちゃ怖くて泣いてたんだけど、親父がそれに痺れを切らしたのか足を掴んでた手を直接手で殴打し始めた。

何十発か分からないけど、それなりに殴ってくれていたら唐突に手がスルスルって感じに箪笥の奥に引っ込んでいった。
んで俺が手がいなくなってもまだ泣いてたら親父と母親が「手を握っててやるからとにかくもう一度寝ろ」と言ってくれて、俺はなんとか寝ました。

それ以降その手に出会った事はありません。

でも俺はあれ以来、箪笥とか押入れに足を向けて寝ることが出来なくなりました。
あとこの手に遭遇した3ヶ月後位にウチの家族は引越しました。

んで引越した途端今まで風邪引きまくってたのが嘘の様に改善され、半年に一度風邪引くか引かないかまで回復し、それまでは霊現象っぽいものにすごい頻度で遭遇していたんですが、それも少なくなりました。

またこれがきっかけで幽霊とか信じてなかった両親は信じるようになり、俺の子供の頃の体験も信じてくれるようになりました。

結局オチみたいなものはないですが、これはかなりの恐怖体験でした。