日本テレビで1963年~79年まで16年にもわたり長期放送されていた、子供向けの教育番組ロンパールーム。

1966年、2代目のお姉さん先生として、うつみ宮土理さんが主役となり子供たちの人気者となりました。
しかし、ある収録中に事件が起こります。

子供たちの創造力を育てるために、その日もゲーム形式で番組は進行しました。

うつみ:「ではみなさん、『き』ではじまる言葉を言っていきましょう」

うつみおねえさんがそう言うと、スタジオのいすに座った4、5人の子供たちは無邪気に自分なりに考えた答えを言っていきます。

子供:「きりん!」

子供:「きつね!」

子供:「き●たま!」

それまで笑顔で相槌を打っていたうつみお姉さんもスタジオも凍りつきました。
ある男の子が放送禁止用語を声高らかに叫んだのです。

動揺したうつみおねえさんですが、とっさに機転を利かせて子供をたしなめました。

子供:「ねえ僕、もうちょっときれいな言葉で言ってね。」

これで再び番組は流れるはずだと思ったのでしょう。
それはみんなも同じだった思います。
すると男の子は今度は、「きれいなき●たま!」と叫びました。

男の子の二度目の絶叫に「しばらくおまちください」の文字が画面に出て放送は中断しました。

そして、再び番組が始まったときスタジオの椅子に男の子の姿はなく、かわりにクマのぬいぐるみが置かれていました。