3年前くらいになるかな。
当時俺はキャバクラのボーイをしていたんだよ。
多分、みんな嬢に興味はあっても、ボーイの事なんて興味すらないだろうから知らないと思うけど、もうね、元ホストから元IT関係者、元ヤクザまで様々な人種が来る。

嬢とヤリ放題・・・なんてまず無理なんだなぁ・・・。

でな、俺がその世界に飛び込んで4ヶ月経った頃、新規でお客さんが来たんだよ。
パッと見50くらいかなぁ?

一見裕福では無さそうで、キャバクラとは縁の無さそうな人柄の良さそうなオジサン。
実はココ、結構お高い所でさ、正直大丈夫かぁ?とか思ってた。

さらに不思議な事に恐らくフリーで入っただろうけど、隣にキャスト(キャバ嬢)がずっと付かないんだよ。
もう一時間近く一人でチマチマと酒を飲んでるんだ。
流石に気になってさカウンターに聞きに行ったんだよ。

そしたらさ、隣に女性を付けなくていいからただここで飲ませてくれって入ってきた客だった訳。
たまにあるんだよこういう客。
店長と「さり気無く目的を探ってきてくれw」とか冗談半分で話してた。

所が本当にその機会が回ってきた。
多分飲んで暇に耐えられなくなったんだろう、よりにもよってボーイの俺を場内指名してきたんだ。
酒も飲めるしサボれるし、タバコも吸えるしで素晴らしい一時だ、断る理由がない。
ボーイは極稀に指名される事があり、その時は一切の仕事を免除される。
飲みすぎて潰れたらぶん殴られるけどねw

んでそのオジサンの隣に座って一通り楽しく喋ったんだよ。
酒パワーもあってそれなりに楽しくアホみたいな会話してた。

話題が尽きかけた時ふと、「そういえばどうしてお客さんは嬢を指名せず、一人で飲んでいたんですか?」と、そう話を切り出したんだ。

その瞬間楽しい雰囲気は一瞬で吹っ飛んで、オジサンはすごい寂しそうな顔してな「娘がここで働いていたんだ、私に内緒でね」と。

その時なーんか悟っちまった。
あぁ、家出して行方不明とかか・・・。
たしかに源氏名じゃ本名もわからないし、キャストの本名を黒服陣に聞いても答えてくれる筈がないもんな・・・。

でも違った。

オジサン:「娘はね、死んだんだよ・・・悲惨な死に方だった・・・」

オイオイ、予想以上に重い・・・。

オジサン:「なんで娘が死んだか知りたいかい?」

俺:「差支えが無ければ教えて貰ってもいいですか?」

ここまで来たら溢れ出す好奇心は止まらないもんだよ。

オジサン:「薬だよ。ドラッグに溺れて骨と皮だけになって死んだんだ・・・」

オジサン:「ここが原因だろうね、娘の交友関係や職場などを調べたんだが親友だという子を締め上げたら
この店の名前が出てきた。警察もここは調べてないから私は復讐に来たんだよ。」

鈍感な俺も復讐という言葉を聞いて流石にビビった。

確かにこの店の裏はそんな話もよく聞く。
実際系列店にそういう風呂的な店もあってさ。

俺:「ではお客さんは今日、復讐するためだけに来店されたんですか?」

オジサン:「あぁ、そのつもりだった・・・でももうそんな気はないんだ・・・今日は来てよかったよ・・」

その時そのオジサンが持ってたバックから包丁取り出したんだ。

オイオイ、言葉と行動が逆じゃねーか!

オジサン:「もう、娘に会えたからね。楽しそうに笑ってた・・・君がいてくれてよかった。」

そう言い、見せた包丁をしまってチェックのサイン。

洒落にならねーよ・・・酔いも吹っ飛び心臓バクバクしてるよ・・・。
娘が死んで頭がおかしくなったのか、それとも俺に娘の面影でも見たのか・・・。

外に出てオジサンに挨拶したがまた来てくださいとは言えなかった。

帰り際にオジサンが俺に向って笑いながら「娘は本気だったみたいだね・・ならいいんだ・・もう・・いいんだ・・」

・・・アレ、俺なにか大事な事に気がついてないんじゃなかろうか・・。

俺はそれに気が付いた後店を辞めた。
そのオジサンはそれ以来、来なくなったと聞いている。