最初は、ほんの冗談だった。
うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。
野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。
なんでも信用するので、からかって遊んでいたのだが、ノロは、なぜか俺が気に入ったらしく、よく俺の言うことを聞いていた。

そしてある日、ノロは「呪いってどうやってかけるか知ってる?」と、あまりにも馬鹿なことを聞いてきた。

中3にもなって、呪いなんて信用するかなぁ・・・って思ったけど、彼の顔を見ていたら、からかいたくなったので「知ってるさ、ブーズー教の呪いの人形さ。まあ、みてなって、カッターだせよ。」と言って、そのカッタ-で彼の指を少し切った。

彼は、真っ青になったけど、俺はそのまま進めた。

俺:「そして、この血をな、こうやって泥と混ぜて人形をつくるんだ。」

俺は、15センチ程度の血の混ざった泥人形を作った。

俺:「お前が、呪いたいのは・・・寺本だろ?」

ノロは、びっくりしてコクっと頷いた。

俺:「本当は、彼の持ち物か、髪や爪があればいいんだけどな。」

すると彼は、かばんの中からヘアーブラシを取り出した。

俺:「お!それ、寺本のか!あいついつもお前のこといじめてるからな。」

俺:「しかし、よくブラシなんか、ガメてきたよな。」

俺は、いつもやっているかのように手早くブラシから髪の毛を取り出し、泥人形の中に埋め込み、寺本の名前を拾った古い釘で書いた。

それから、「命を取るとあんまりだろう。足でいいんじゃないか。」と、釘を人形の足にねじこんだ。

俺:「そして、これを暗くて、誰にも見つからないところに隠すんだ。すると、早くて2・3日、長くても1~2週間で効果がでるんだぞ。最後にこれだけはまもれよな。効果が出たらすぐに川か海に流すんだ。」

彼は、信用したのか泥人形を何処かへ隠しに行った。
俺は、もう可笑しくって、可笑しくて、あんな泥人形を大事に抱えていった。

それから、二日がたった。
ノロが俺にドモリながら聞いてきた。

ノロ:「ね・ねえ。い・いつ、きくの?」

最初は、何のことかよくわからなかった。

ようやくなんのことか思い出した頃、担任が血相を変えて教室に入ってきた。

担任:「寺本君が、昨日の夜交通事故に遭いました。盗んだバイクを乗り回していて、・・・スピードの出しすぎで・・・命には支障ないにみたいですが、下半身が・・・・。」

担任の話が最後まで聞けなかった。

なんで、あんないいかげんな呪いが利くんだ・・・。

俺が彼を・・・。
いや、偶然だ。

なんで、あんないいかげんで思いついたような呪いが・・。
なぜ、あんなにスラスラと出てきたんだろう?

放課後、ノロが俺に言い寄ってきた。

ノロ:「すごいね。すごすぎだね。いまから、人形、川に流すから、すごいね。すごいね。」

ノロは、にこにこして飛ぶように帰っていった。

なんて奴だ・・・。
奴には、罪悪感がないのか・・・。

しばらくして、クラスの仲間と寺本の見舞いにいったが、彼には会えなかった。
寺本は、右足を切断したそうだ。
俺が釘を刺したほうの足だ。

暗い気持ちになって、見舞いから帰る途中、近くの神社でノロを見た。
そわそわしながら、裏手の方から闇の中へ消えていった。

なんとなく気になって、ノロのいた方へ行くと神社の裏手の羽目板がずれていた。
それを動かすと、血まみれの泥人形が出てきた。
その人形には、俺の名前が書いてあり、釘は額に刺してあった。