俺は幽霊なんかは見たことがないし、見たことがないから信じていなかったけど、この件があって以来、モノが「憑く」ということはあるんじゃないだろうか?と思うようになった。
真夜中で、しかも暗い部屋の中での出来事なんで寝ぼけていたのかもしれないし、何かの見間違いかもしれないけど・・・。

次の日がお休みだったんでその日は部屋で夜中までDVDを観ていた。
嫁があまり好きじゃないジャンルの映画だったので嫁は先に寝室で寝ていた。
二本観終わったら相当遅くなってしまっていたので寝室に行き、嫁の隣に敷いてあった布団に入り込んで目をつぶったんだが映画で興奮していたせいか、なかなか寝付けない。
それでも30分ほどしてうつらうつらし始めたその時、隣の雰囲気がいつもと違うことに気が付いた。

寝るときはグースカグースカうるさい嫁が今日はなぜか妙に静かだ。
嫁の方に寝返りをうって薄目を開けて様子を見ようとしたら、まるでそれを待っていたかのようなタイミングで両肩をガッと掴まれた。

びっくりして目を開けると、俺の両肩をつかんだ状態で嫁が強烈にエビぞってた。
シャチホコみたいに。

相当強烈にエビぞっているせいか、顔は全く見えない。
おいおい寝ぼけるにも程があるだろ・・・と思った次の瞬間、「ぶんっ、ぐしゃっつ!!」と、最初は何が起こったのかわからなかった・・・けど襲ってくる激痛と目の前に広がる火花で、嫁が自分の頭を俺に向かって思いっきり叩きつけている、ということがわかった。

しばらく目が開けられなかったが痛みを堪えながら嫁の方を見ると、なんとさっき以上にエビぞっていて、後ずさりする俺の両肩をまたも思いっきり掴んできた。

こちらが向こうの顔が見えないということは向こうだってこちらの様子は見えないはずなのに、不思議なことに全く迷うことなく俺の両肩を探し当てていた。

「ちょ、まて・・・」

「ぶんっ、ぷぐしゃっつ!!」

二度目は本当に効いた。
意識が遠のいた。

これ以上やられたら死ぬ。
嫁も死ぬ。

なおもエビぞって勢いをつけようとする嫁の顎を下からつかみ、「やめろぉぉお!!」と思いっきり押し込んだ。

ゴン、と鈍い音がして嫁の体から力が抜ける。
見ると後ろの柱に頭をぶつけたようだ。

痛む頭を押さえつつ電気をつけて嫁の方を見ると白目をむいて口をパクパクしながら痙攣していた。
口の動きは何かを言っているようにも見えたが言葉は発していなかった。

「おい、大丈夫か!!」

嫁をゆすりながら急いで119番。
救急車が来るまで10分ほど掛かったがその頃には嫁の様子もだいぶ落ち着いていた。

夫婦の妻の方の頭の前と後ろに打撲跡。
最初DVを疑われたが、こっちにもでっかいたんこぶが残ってる。

嫁の「付き合い始めてこれまで一度も手をあげられたことなんてない。」の一言もあり、夫婦共々寝ぼけていたんだろうということになった・・・。

かなり強く頭を打ち付けあったが、幸い二人とも脳などに異常はなかった。
もちろん、嫁は何一つ覚えていなかった。

それからしばらくは嫁の横で寝るのが怖かったが、あんな事は結局それ一回っきりだったし、嫁に「きっと寝ぼけてたんだよー。ごめんよー。」等と謝られるとそれ以上避けるのも悪い気がした。

ただ、今でも「のけぞっている時はどんな顔だったんだろう」とか「電気を付けたとき、なんて言ってたんだろう」なんて考えだしてしまうと布団の中で少し嫁から距離をとってしまう。