昔とある都内の大学の寮生だった時の話。

うちの大学は古く、開校されてから残っている建物がいくつかあって、その中のA棟には螺旋階段がある。
地下まで続いているんだけど立ち入り禁止になっていて、実際異常なくらい錠で繋がれていてなんともいえない雰囲気をかもしだしていた。

どこの大学にもあると思うのだが、学生運動の頃の伝説やら怪談話がやはりうちの大学にもあった。

「A棟の地下をはいると迷路になっているらしいよ・・・」

その噂ではその迷路には学長しか入れないらしい。
その噂が昔からあり面白がって無理矢理迷路へ入った学生は戻ってこなかった・・・と。
この話を聞いたのが寮生の先輩で、本当かさだかではないが霊感があると豪語していた。

その先輩は夜学校から寮へ帰る時、地下から多数のうめき声を聞いたのだそうだ。
それと同時に貞子にそっくりな女に追いかけられたのだそうだ。
寮の敷地に入った途端、そのうめき声は止んだらしく、先輩はもう一つ大学の怪談を聞かせてくれた。

その貞子にそっくりな女の霊の話だった。
寮は男子寮、女子寮がくっついていて、真ん中の2階部分が食堂でなにかにつけて飲み会を毎日のように開催していた。

先輩:「男子寮の最上階にある501号室。あそこの部屋のドアだけ鉄で出来てるの知ってるか?」

そんな話題も上がったが、私は女子寮でなにも知らずに過ごしていた。

私の部屋ももちろん、女子寮のドアで鉄でできている部屋などなく、男子寮にも遊びに行っていたが501にはいった事がなかった。

なんで鉄の扉なの?と聞くと「学生運動の時にあそこリンチ部屋だったらしいんだ。だから頑丈なドアにしているんだよ。」と。
更に「501は女の霊が出る」とも言っていた。

先輩は501の住民には運よくならなかったらしく、それでも寮で霊をみる事は日常茶飯事だったらしい。

私が体験したのは忘れもしない2004年7月7日。
寮の食堂で七夕パーティーと称してまた飲み会が行われた日の事。

食堂は電気はつけられておらず、ロウソクの灯りと食堂にある自動販売機だけが広い室内をぼんやり明るくしていた。
何故かその日に限って皆怖い話ばかりをしていた。
丸く円になり、3つ位のグループが気がつくと完成していた。
私はそのグループのうちの一つに入り、ちょうど先輩に聞いた寮に出る女の話をしていた時だった。
食堂には窓が二つ、販売機を挟んでついている。

私は話をしている最中どうしても右側の窓が気になってしょうがなかった。
そして見てしまった・・・。
窓の外側にまるで歩く歩道があってそれに乗っている人らしきものを・・・。
横向きで髪は黒くウエーブしていて販売機の明かりによって髪の艶までもがくっきりと。

顔は髪で隠れていて白い洋服らしきものを着ていた。
あまりの一瞬の出来事で「あ」しかでなかった。
その直後激しい吐き気にもよおされ飲み会を中断させました。

それ以来、寮を出るまで鏡を見ると背後に『寮の女』が一瞬映り込んだりしました。
一瞬なので、ひょっとしたら考えすぎだったのかもしれませんが・・・。

私の感ですが彼女は学生運動の時に501号室でレイプされた後、それを苦に自殺したのではないかと思います。

次の日先輩と食堂で飲み会であった出来事を話していたら食堂の外の地面のほうから『おぉーー』と低い多数の声が響いてきて、それ以降、寮内では怖い話はタブーでした。