先日婆ちゃんが亡くなったときの話。

住んでる地方は戦時中から妙にカルト宗教率が高く、婆ちゃんは思いっきりそういう宗教に入っていた。
婆ちゃん貧乏なくせに結構な額のお金も納めるくらい熱心な信者。
婆ちゃんはものすごい苦労人で、貧乏で子だくさんなのに旦那が全然働かない人だったらしい。
一度家を手に入れても数カ月で手放さなきゃいけなくなったり、住むところがなくて、よくわからない人と
同居生活しなきゃ行けなくなったりと壮絶な人生を送っていたようだ。

幸せな老後なんてものもなくて、あちこちで借金しまくりの長男夫婦のせいで結局最後の最後まで苦労とは切っても切れない縁だったようだ。(この夫婦には自分の家族も借金肩代わりさせられそうになったりしている)
そんなもんだからそういう宗教に頼っちゃうのもしょうがないよなと考えていた。

で、婆ちゃんが痴呆になりその後はあっけなく逝ってしまったので葬儀を行うことになったのだが、その葬儀が怖かった話。
親兄弟も私も父ちゃんも母ちゃんも無宗教です。

婆ちゃんが死んだとどこから聞きつけたのか、全然知らないこの地方の宗教取り仕切ってるお偉いさんが、かなり段取り良く何でもかんでも決めて行ってしまった。
見舞いにも一切来なかったのに、いきなりやってきて遺族の意見も聞かず、他人の家の葬式セッティングするのか・・・と、この時点で薄気味悪く感じたものの、婆ちゃんの信じた宗教だからと、そのまま葬式は行うことになった。

そして葬式当日。
会場からして奇妙で普通の葬式とは違っていた。

なんていうかこう、何が変っていうのがわからないんだけど、間違い探しみたいに微妙な物があちこち違う。
普通の葬式にある物がなくて、ない物があるみたいな。
その微妙な違いが気持ち悪かった。

葬式会場で受付からしてなんだか怖い。

一般参列者:「あの○○家の葬式会場は・・・」

宗教の人:「同志葬!同志葬!はこちらになります」

一般参列者:「いえ。葬式です」

宗教の人:「同士葬!は此方になっております」

葬式の事をかたくなに「葬式」って言おうとしないの。
その後も来た人に「祖母の葬儀に来てくださり・・・」と挨拶したら「同士葬」と半ギレぎみに何度も言いなおされた。

会場はほぼ3分の2が宗教関係者席。
それも知らない顔ばかりだ。
彼らも婆ちゃんは知らない方が圧倒的多数みたいだった。
入り口での挨拶がほとんど「素晴らしい方だったとお聞きしており・・・」と又聞きだったのだ。
なんで婆ちゃんの葬式で婆ちゃん知らない奴が圧倒的多数なんだよ勝手に呼ばないでよ。

そして知らない癖に飲み食いしすぎじゃないかーと思いながらも、3分の1の非宗教関係者の婆ちゃんの親族や友人は小さなスペースに収まってその葬儀を見守ることになった。

そして始まった式の進行がなんかおかしい。

「我が~会の同志葬ではお経の類は読み上げません。というのも歴史的にはお経をあげるというのは後世に勝手に追加されたものであり、本来の日蓮宗では~・・・我が~会の様式が最も正しいものであり~」

まず何をするにも私たちの宗教が正しい。
今の仏教は全部邪道で間違っているというような説明つき・・・。

すっげー嬉しそうに如何に自分たちは正しいか読み上げる姉ちゃん怖すぎる。

葬式なのにここの部分だけ私たちの方見ながらめちゃくちゃ嬉しそう。
私たち非教徒席に向かって「お前らがいかにダメなもん信じてるか説明してあげてる」って感じの超ドヤ顔。


そして始まった大合唱に非教徒席一同唖然。

宗教の人:「南無妙法蓮華経!!!」
宗教の人:「南無妙法蓮華経!!!」
宗教の人:「南無妙法蓮華経!!!」
宗教の人:「うっう~!!(泣いてる。お前婆ちゃん知らんって入り口で言ってたじゃないか何故泣いた)」

それからはもうやりたい放題。

自分たちが正しいかという説明の後によく分からない儀式があって、もう後半は聞き流しモードに入っていた。
故人しのぶよりも宗教の正当性の説明の方が長くて、一番悲しんでるはずの親族一同も涙なんか出す余裕もなかった。
宗教の勧誘セミナーと大合唱だけの奇妙な葬式に呆然とするしかなかった。

やっと解放された時には心神喪失状態で遺族全員が疲労困憊・・・。
帰り際渡された、引き出物みたいなのの中にもまた宗教関係のものが入ってた。
パンフレット?みたいながあり、宗教を信じてない人間がクソ野郎、堕落していて見放されてて信じなかったばっかりにこれから汚れて不幸な人生を歩んでいく・・・とかそういう内容だった。
即効捨てたけど、人の葬式で勧誘までするのか・・・と疲れがどっと出た。

ちなみに香典は勝手に「上納」としてもったってとか。

お葬式代出してくれたわけでも何でもないのに・・・。
婆ちゃん知らない人が大量に押し寄せて散々飲み食いした揚句に奇妙なパフォーマンスでこんなひどい葬式にしておいて・・・。

生きてる人間って怖いなと思った葬式でした。