8年位前に心霊スポットにキモ試しに行ったんだけど、その時金縛りに遭った。

動けないでいると顔が潰れた女性っぽい幽霊に睨まれた。
首から上はもう本当にぐちゃぐちゃ、吐き気さえもした。

説明はめんどくさいから端折ってその日は逃げ帰った。
でも、それから数日間、その幽霊が目の前に出てくる。
どうやら連れて帰ってしまったみたいなんだ・・・。

あまりの怖さにガクブルだったが、気負うとダメだと思って「近寄るな」、「何で俺なんだ」、「出て行け」とか叫んでいたら「なぜ?私はこんなに好きなのに?」と耳元で囁かれた。

「好かれる理由が無いだろ!気持ち悪い!」って叫んだら、その幽霊は急に顔がきれいになり生前?の顔になって「これでどう?」と言った。

・・・確かに美人だけどそういう問題じゃねーだろ!!!!

「俺は生きているだ、君は死んでるんだろ?だから無理なんだ、消えろ!」と言うと「そう・・・・・・」ってつぶやいて消えていった。

それから1週間が過ぎても出てこない。

ちょwマジかよw
俺でも幽霊追っ払えたよwww

それから月日が流れ、先週、旅行に行ったんだ。
もちろんあんな出来事はすっかり忘れてたんだが、一瞬で思い出してしまった。

旅先のベンチでゆっくりしてると「○○君っ!」っと名前を呼ばれた。
一人旅行の道中だし、知り合いが居るわけも無い。
同じ名前の人間とは珍しいwとか思った。
すると、また「○○君っ!」って声が聞こえた。

次の瞬間「○○君だよね?」って声とともに肩を叩かれた。
ビクッとなりつつも「はぁ?」って言いながら振り返ると、赤いランドセルを背負った見知らぬ小学生の女の子が立っていた。

俺:「そうだけど、何で俺の名前知ってるの?」

女の子:「やっと見つけた・・・・・・」

は?何言ってんのコイツw

俺:「ん?俺財布か何か落としてた?」

女の子:「忘れたの?私よ・・・・・・」

あ・・・れ?
・・・この顔つき・・・このしゃべり方・・・どこかで・・・??・・・
!?

俺:「ああああああ!!!!!!!」

そうあの時の幽霊だった!

俺:「またお前か!消えろ!」

女の子:「なぜ?」

俺:「前にも言っただろ!俺は生きてる、君は死んで・・・」

女の子:「私は生きてるわよ、ホラ」

そう言いながら手を胸に引っ張られた。

暖かい・・・心臓も動いてる・・・

俺:「うわっ!えな、なに?は?」

女の子:「あなたが死んでるって言うから生まれてきたの」

女の子:「そしてやっと見つけた・・・でも、今日はもう帰るね。お母さんが呼んでるから。」

腰が抜け30分くらい動けなかったと思う。
それから旅館とかキャンセルして急いで地元に戻ってきたけど・・・
なにあれ・・・。

何で俺・・・何かしたのか・・・。