結構可愛がってくれたおじいちゃんとおばあちゃんの2人暮らしの家が近くにあってよく遊びに行っていた。
だけど、今年の3月に心臓麻痺でおばあちゃんが亡くなってしまったの。
亡くなってから2ヶ月たった5月のGWに親戚の家に泊まりに行って、私と従姉妹のお姉さん2人で1階の和室で寝ていました。

夜中、し~んとしている中、「カシャッカシャッカシャ」と3回奇妙な音が聞こえました。
なんだろうと思ったけど気のせいかな?って思いながらその時は寝ました。
朝、お姉さんに物音の事を聞いてみたが「聞こえなかったよ気のせいじゃない?」って言われたので、ちょっと気になったけどやっぱ気のせいかって思いました。

親戚の家のお泊りも終わり、GWも終わりを向かえすっかり奇妙な音の事なんか忘れていました。
また仕事に追われる毎日か~って思いながら荷物の整理をし使い捨てカメラを現像に出してきました。

そして現像から戻ってきた思い出の写真をペラペラと見てると・・・。
そうなんです。。

あの奇妙な音は、シャッターの下りる音だったんです。
3枚だけ奇妙な写真・・・。

1枚目・・・部屋の中なのに外が透けて庭に頭と足が無い白いワンピース着た人が立っている画像。
2枚目・・・白いワンピースが部屋の中に入ってきてた画像。
3枚目・・・寝ている私を見下ろしている画像。

その写真を見て不思議だったのは、まず、部屋の中なのに外の風景が写っている。
お姉さんと2人で寝ていたのに写っていたのは私だけで、それに、カメラはカバンの中にしまってあった。

怖くなって親戚に連絡して写真を見せに行きました。
どうして私?怖くて怖くて泣いて怯えてました。
親戚の人も、写真見て怖がっていました。
初めての経験だったし・・・。

そんな時、おじいちゃんが畑で採れた野菜を持ってきてくれて泣いてる私を心配して話を聞いてくれた。
おじいちゃんに写真を見せたら怖くて、じいちゃんまで心臓発作で倒れたら困ると思ったけど・・・見せてみた。
すると、やっぱりおじいちゃんも真っ青な顔して写真を持ってる手が震えていた。
じいちゃんは、何も言わず帰ってしまった・・・。

少しして、じいちゃんがまた戻ってきた。

「これ見ろや。。この白いワンピースは昔、ばあちゃんがお気に入りで着ていた服だ」

そういいながら写真を見せてもらった。
本当に若い頃のばぁちゃんで奇妙な写真のワンピースと同じのを着ていた。

でもどうして・・・。
とりあえず線香をあげに行き、私に何か伝えたい事でもあるのかな・・・それとも、私を恨んでるのか・・・。
って、今まで怖がっていたけど今度は悲しくて泣いていた。

奇妙な写真は、じいちゃんと私と親戚でお寺に供養して燃やしてもらいましたが、なんだったのか未だにわかりません。