勝手に書く。

義父は昔からDVの傾向があって、義母にも一人娘である俺嫁にも事あるごとに手を上げたらしい。
外見はおとなしそうなので誰も信じなかったそうだが、嫁は結婚して実家を出られたので凄く感謝していた。
気の毒なのが義母で、二人分のDVを一人で受けるハメになったんだな。

これは義母が入院してから聞いたのだが、杖で殴るわお茶の出し方が気に入らないからって湯飲みを投げつけるわ、限度を超していたらしい。
で、去年の春に義母は睡眠薬ごっそり飲んで自殺を図ったのだが、幸か不幸か未遂に終わった。
バカ義父はそれでもDV止めなかったもので、次に義母は酒の勢いで夜中に某山の展望台から飛び降りた。
それでも死ななかったのだから凄い婆さんなのだが、さすがに頸椎にヒビが入って4ヶ月の入院。
それが去年の秋頃。

で、俺は警察からの電話で大事な会合を途中退席するハメになって身元確認に行って、それから義父に報告に行った。
そしたら「バカめ、死んでも葬式なんか上げてやらん!」と、DVのことを嫁から聞かされていたので、今まであんま好意を持って接することはできなかったのだが、ここで完全に「人間のクズめ」と思った。

義父は体は動くけど自分では何一つできない(やらない)人間なので、家政婦さんに来て貰って家事を頼んでいたが、1ヶ月経ったあたりから全てがおかしくなった。

DV人間は身近に居る人を虐待していないと気が済まないらしいんだな。
家政婦さんに対するセクハラ・暴力行為が始まったんだな。
しかも家政婦さんが帰って夜が遅くなると酒を飲み出し、あちこちに電話をかけて意味不明のことをわめき散らす。
挙げ句の果てに意味もなく警察や救急車を呼ぶ。
俺も何度か救急病院に引き取りに行かされた。
それで周囲から諫められると、今度は「もうダメだ。自殺する」と言い始めた。
本人が言ってるだけならどーでも良いことだが、ケースワーカーが危険防止のために施設への入所を勧めてきた。

俺もその方が助かるのだが、義父は人工透析を受けているので透析設備がある特養じゃないと無理。
しかも、そんな特養は県内に2箇所しかなくて常に空き待ち。
仕方ないから申し込みだけ行って、危険回避のために家政婦さんに夜間付き添いをお願いした。
そしたらやっぱり暴力にセクハラで、ほんと家政婦さんに申し訳ない日々が1ヶ月以上も続いた。

ここからよーやっと本題。
バカ義父は自分じゃ何もできないから、俺が通帳を預かって義母の入院代とかいろいろな支払いをやって、残りを義父の小遣いとして渡していた。
そしたらある日。

義父:「少ないじゃないか」

俺:「何が?」

義父:「年金。もっとあるだろ」

俺:「あるけどあんたの奥さんの医療費とか家政婦さんの支払いがあるだろ」

義父:「そんなことない。15万よこせ」

市営住宅で爺い一人が暮らすのにいくら必要だと言うのか。
バカ義父は年金は全て自分の物だと言い張って仕舞いに怒鳴り合い。
バカは警察に電話までかけたが、言っていることが支離滅裂で相手にされなかった。

ある程度こうなることは予想していたので、親戚一同に通帳類は全て預かることを承認してもらっていた。
バカ義父も最初の時点では支払いの代行を頼むと口頭で言っていたので、その時に全て出させていた。

そうしているうちにバカ義父の行いは目に余るようになり、何を考えているのか家政婦さんに酒を買いに行かせた隙に家を出て、タクシーでわざわざ離れた私鉄の駅まで行って騒ぎを起こしたり・・・もう一刻の猶予もなくなってきた。

幸い特養のベッドが短期間だけ空いたので、急いでそこへ放り込み、そこから病院の心療内科に通わせることになった。
実家のネコを俺のところで預かり、さらに入院に必要な物を実家に取りに行った時なんだが、居間のあちこちに紙切れが挟み込んであるのに気がついた。

テレビ台の下とか、ソファの下とか、あちこちに手帳のページを破り取ったり、チラシを切ったものがあったんだな。
その全部に「○○(俺の名)は悪い奴」「金を盗まれた」「呪ってやる」と書き殴ってあって、何のつもりかシャチハタまで押してある。

誰に読んで貰うことを期待して書いたのか知らないが、もはや失笑レベルの哀れさを覚えた。
同時にこの期に及んで金のことしか頭にない、自分のせいで2度も自殺を試みた妻に対することが何もないことに怒りを覚えた。

もっと怒りを覚えたのが「呪う」と書いてあったこと。
愚か者の分際で簡単に呪いなんて言葉を使うな。
部屋中をひっくり返して一枚残らず紙を探し出し、ベランダで一枚ずつ焼いた。
俺の名前をバカ義父の名に換えて読み上げながら・・・。
そして灰を12階のベランダから吹き飛ばした。

それから1週間もしないうちに。
急にボケが来たのか、義父は感情を失ったようにおとなしくなった。
しかし、口を開けば特養の職員を罵り、当然職員にも他の入所者にも嫌われていた。
そしてようやく透析設備のある山の中の精神病院に入院が決まった。

移動は俺の車。
2時間ほどの間に例の呪いの紙のことを話してやった。

俺:「居間のさ、あちこちにメモ残してたよな」

義父:「・・・ああ?」

俺:「俺があんたの金盗んだとか、呪ってやるだとか・・・」

義父:「知らん」

俺:「忘れてるかも知れないけど、あれ全部見つけて焼いたから」

義父:「ふーん・・・」

俺:「知ってるか?呪いって、呪った相手に見つけられたら、かけた本人に降りかかるんだよ」

義父:「・・・・・・」

病院へ半分ほどの所で、義父は急に具合が悪くなったようだった。
入院してわずか一ヶ月で義父は多臓器不全を起こして死んだ。

嫁を、今は退院して実家にいる義母のところに向かわせ、俺が搬送手続きなどを行って病院へ向かった。
霊安室は屋外のプレハブで、物置でしかなかった。
看護師が「お顔を・・・」と言ったが「必要ありません」と断った。
合掌も黙祷もしなかった。
一歩だけ遺体に近づき「地獄へ逝け」と言ってやった。