1998年2月16日、バリ島発台北行の中華航空機が、台北空港で着陸に失敗し、乗員・乗客計196名全員が死亡した。

この、悲惨な航空機事故を覚えている方もいるかもしれません。
その後、台湾でこの事故について、ある噂が流れたのだった。
それは、その墜落した機材(飛行機)は、他の航空機墜落事故と因縁があったのです・・・。

94年4月、名古屋空港で中華航空機が着陸に失敗・墜落し、多数の死者を出した事故。
台湾人の遺体は日本で火葬にし、遺骨は中華航空機で、台湾へ運んだのですが、その遺骨を運んだ機材は、4年後に台北空港で、名古屋空港での事故と似た様な事故を起こしてしまうのです。

ともに、エアバスA一300。
もちろん、中華航空側は、否定していますが、私にはそれは根も葉もない噂には思えないのです。

信じるか信じないかはあなた次第!