寝言ネタなんだけどいいかな?
ネタっつってもまるっきり実話なんだけどね、実話なぶん、インパクト薄くて“ほんのり”なんだけど。

高校時代、よく友達の家に、仲のいい友人三人で泊まってたのね、土曜の夜とか。
友人の六畳間に三人で雑魚寝するんだけど、いきなり俺の右側で寝てた友人が、寝言を言い出したわけ。
「潜水艦が・・・・・・」って。

あんまり唐突だったんで驚いたんだけど、そのときは「怖い」よりも「面白い」が先だった。
結局友人はその夜三回「潜水艦が・・・・・・」を連発!
あんまり面白かったんで、翌朝起きてからさんざんそのネタで友人をからかった。
本人は潜水艦の夢なんてまるっきり見た記憶がないという・・・。

その次の週の土曜日。
またその友人の家に泊まりに行った。
友人のひとりは早々に眠ってしまい、深夜、例の寝言の友人とふたり、ずーっと話をしてたのね。
そしたらふいにそいつが黙り込むの。

「なんだよ」って聞いてもずーっと黙ってる。

それからぼそっと。

「なぁ、T・・・・・・」

「なんだよ」

「あのなぁ、俺と今夜いっぱい話しただろ」

「うん」

「これがぜんぶ寝言だったらどうする」

そのときの友人の抑揚のない、感情のかけらも感じさせない淡々とした声。
思わずぞーっとしてしまい、それっきり一言もかわさず、布団をかぶって寝てしまいました。

翌朝・・・・・・さすがに怖くて聞けなかったです。
「ゆうべの寝言覚えてる?」とは。