俺が体験した話であまり怖くないかもしれないが、ちょっと前の仕事が休みだった日、原付でうちの裏山を走ってたんだよ。
そしたら空にぽっかりと、赤い鳥居が2つ並んだ状態で浮いてるんだよ。

赤い鳥居が浮いてるっていうより、宙にぼやけてるって感じかな。

道なりにその鳥居があったから、走り抜けてみたんだよね。
だからちょうどくぐった感じ、2つとも。

家に帰ってその日は普通に過ごした。
問題は次の日からで、高熱が出て薬を飲んでも病院に行っても熱がさがらないんだよ。

母親が、何か最近変わったことはなかったか?と聞かれて、息も絶え絶えで鳥居の事を話したんだよ。

そしたらうちの母親が血相を変えて「Aさんに連絡しないと!!!!」って電話してた。
Aさんってのはユタだ。(うちの地方じゃ呪い師みたいなもの)

ほどなくしてAさんがやって来て俺を見るなり、「あぁ、これは相当やられてるね・・・」って言って来たんだよ。

何にやられてるのか何をやられてるのかは全く聞けなかった。
身体が動かなくて声も出なかったんだよ。

それなのに、家の仏壇の前に寝かされて、Aさんが持ってきた酒やら米やらを仏壇に並べ始めて「鳥居を2つくぐったんだね?」と聞いてきたからかすかに頷いた。

「あんたの先祖に守ってもらうように今から頼むけど、それが出来なかったらあんたは悪いけどここで命が切れてしまうよ」と、物騒な事を言うんだよ。

Aさんは何やら呪文みたいな言葉を唱え始めた。
俺が聞き取れたのは「マジムン」「グソー」「ニライ」の3つだけで、後は呪文みたいなものが書かれた紙で体を叩かれておしまい。

Aさんが「どうにか切り抜けた。あんたよかったね、毎年墓参りにちゃんと行ってて」と。

俺、何となくなんだけど、墓参りだけは親と一緒に行くのを欠かさなかったんだよ、それが幸いしてたらしい。

で、Aさんが「次に鳥居を見たらすぐに離れること。絶対くぐってはいけないこと」と言い残して去って行った。

次の日、嘘みたいに熱が下がっていた。
母親に、どういう事か聞いてみたら「世の中知らない方がいい事もある。」と、最初取り合ってくれなかったが、しつこく聞いてみたら色々聞かされた。

・俺の家系に関係している。

・鳥居をくぐったら8割の確率で死ぬ。

・鳥居の数はその人が生きた年数に応じて違う。

・雨の日は鳥居は出ない。

こんな事を教えてくれた。

これが今まで平和に暮らしてきた俺の唯一の洒落にならなかった話。