結構前の話。

夏休みに婆ちゃんちに遊びに行って、従兄弟と従兄弟の友達と遊んでた時の話。
うちの婆ちゃんちの近くの山には「シンジラ様」っていう神様がいるらしく、月に一回シンジラ様にお供え物をしないといけないらしい。
まず玄関の前にその家の家主の名前を紙に書いて、その紙の上に食べ物をおいておく。
すると夜な夜なシンジラ様は山から降りてお供え物をもらいにくる。
そして次の日には食べ物が無くなっており、代わりにシンジラ様の歯が置いてある・・・という事らしい。
その歯には魔除けの力があり、その家を守ってくれるらしい。

そして丁度俺が遊びに来た日はシンジラ様にお供えする日で、みんなはシンジラ様の話で盛り上がっていた。
俺君もシンジラ様に食べ物お供えしてあげてと婆ちゃんに言われたので、来るときの車で食ってたお菓子の残りをお供えした。
それでその日の夜、シンジラ様を見てみたくてずっと起きてた。
そしたら夜中の3時半頃に人影が見えた。

大きさは2メートルぐらいだった。
その人影はゆっくりお供えした食べ物に近づき、手に取り食べ始めた。
俺はもっと近くで見たいと思いこっそり窓の方に近づいた。
そしてシンジラ様の姿を見てしまった。

体中に草や花が付いてたが、顔は暗くてよく見えなかった。
するとその人物は振り返りこっちを見てきた。
そして目が合った。
そのときに顔もよく見えた。

顔が木で出来ていて、口や目があるべき所には穴があるだけ、それがシンジラ様だとわかった直後、シンジラ様は食べていた物を置いてぶつぶついいながらどこかへ行った。

俺はシンジラ様の姿を恐がり、布団にくるまり怯えながら寝た。
すると夢にもシンジラ様がでてきた。

夢の中のシンジラ様は何かすごく怒っているような感じだった。
目が覚めると朝で、なにやら居間の方が騒がしく、何かあったのかと聞くと、シンジラ様の歯が置かれてなかったらしい。
しかも町中みんなの家で。
すると婆ちゃんは「もしかして俺君、シンジラ様を見たの?」と聞かれたので俺は怒られるかと思い、嘘をつき「見てない」と言った。

すると婆ちゃんは近所の人達と話に行くといい出かけてしまった。
残された俺と俺の従兄弟は従兄弟の友達と遊ぼうという事になり遊びに行った。
従兄弟の友達の家もシンジラ様の歯が無かったらしい。
俺たちはなにして遊ぶか悩んだあげく、山に虫を取りに行くことになった。