現在俺は上海に留学中で、こっちに来る前からこういう類の話は好きで、自分でもいくつか体験したり人から聞いたりしていた。
この話はこっちに同じく留学中の韓国人の子から聞いた話。
中国語で聞いた話を日本語に直して書くため、多少誤差はあると思う。

その日、その韓国人の友人の女の子(仮にAとする)は友達とみんなで一緒に登山をする計画をたてていた。
メンバーは女がAと残り4人。
男が5人という5:5の計10人で向かった。

その男5人の中にAの彼氏が一人いて、それ以外の関係性はただの友達なのか、他のカップルがいたのかはわからない。
しかし、登山を開始しようとした時、Aは体調不良のため参加を見送ることに決めた。
仕方がないので残りの9人で登山を開始したそうだ。

Aは結構長い時間待っていたようだが、一向に戻らないメンバーと彼氏を次第に心配し始めた。
体調もその時は既に戻っていたので、待ちきれないAは一人で登山を開始した。

その山は韓国の中でもそこまで高い山ではないようで、暫く一人で登ると丁度山の中腹あたりで下山するメンバーに出くわした。
しかし、そこにいたのは女だけで男5人の様子が見当たらない。
Aは女友達を発見したことに安堵しつつも、彼氏のことが気になった。

A:「男たちはどこにいるの?」

どうやら山頂にまだいるらしく、景色などを楽しんでいるようだった。
Aはそれを聞いて安心したが、一応一人で山頂まで登ってみることに決め、そこで女友達と別れた。

暫く一人で登り続け山頂についた。
女友達の言った通り、そこには男5人がいたが、何か様子が変だった。

全員青ざめていて景色を楽しんでいたり、下山をしようという雰囲気がない。
Aは何かあったのだと思い、彼氏に尋ねた。
すると驚いたことに、山頂手前で女メンバー4人とはぐれたというのだ。
この山ははぐれたり遭難すると死亡する人も多いようで、その女友達も死んだかもしれないと言う男たち。

何を言っているんだ?

さっき途中で女の子たちとすれ違ったばかりのとAは男たちと彼氏にそれを伝えたが、男らの考えは変わらない。

「ありえない、こっちに何の連絡もなしに勝手に下山するなんて。助かってたとしても山頂まで探しに来た俺達と何らか連絡をとるはずだ。まして、お前と会ったなら何かしら伝言するはずだろ?」

Aは彼氏や男友達の話を聞いてく内に、確かに色々と不信な点も多いと感じた。
さっきすれ違った女友達はじゃあ一体・・・。

妙な胸さわぎを覚えAは危険を承知ながらも急いで一人で戻った。
麓につくまでに女友達と会うこともなく、やはり麓にもいない。

その後、2日待ってもAを除いた残りの9名は見つからなかったという。
Aが山頂で見た男性達も既にこの世の者ではなかったのかもしれない・・・。