小学生の頃一つ下の幼馴染でT君って子が居て、家も近所で母親同士仲が良くて家族ぐるみで結構付き合いがあったんだけど、高学年に上がる位にT家は一軒家を購入して引越ししてしまった。
引越しといっても車で30分もすれば行ける所だったから頻繁とまで行かなくても、年に数回くらいは遊びに行ったりしてた。

んで、最初はあんまり気にならなかったんだけど、毎回行く度にその家に知らない人やら、入れない部屋やら、御札やらと、まー胡散臭い感じなんですよ。
今考えるとどう考えてもおかしい事だらけだったんだけど、当時はまだ小さかったのと元々他人に興味みたいのが薄かったから正直全然気付かなかった。
思い出せる範囲で書きだすと、リビングに行くと結構若いお姉さんが突っ立ってる。(T家の家族構成は両親とTが長男)
ニ階に誰もいないのにボールが転がってくる・・・。
結構いい部屋が物置にされてて子供の泣く声がたまにする・・・。
大人しい子どもが部屋の隅に居たり居なかったり。(俺は弟だと思ってた)

・・・っていうか、家がいつでも賑やかっていうか人?の気配がかなりする。

とまぁこんな感じで、実際おばさんとかにも「あれは誰?」とか「あの御札は?」とか聞いた事あるけど、「あー、うん・・・」って言葉を濁されて誤魔化された記憶がある。
俺も当時から怖い話とかは好きだったけど、他の人も当然みたいに容認してる感じだったから、霊とか怖いとか思わなかったんだよね。

で、中学生になってからはT君の家にもあんまり行かなくなって、三年生の時にT君の友達が学校で飛び降り自殺したみたいで、当時はそこそこ話題になった。

母親からの又聞きなんだけど、その子と結構仲が良くて友達と言える友達もT君くらいだったらしくて、当時「どうして止められなかったんだ!」とか、「本当に何も聞いてなかったの?」とか教師や周りの人にかなりしつこく聞かれたらしく、ノイローゼ気味になったとか。

その時に家の事も母親が話してくれて、そこでやっと自分もあの家が変だって事に気づいた。
それからT家に弟が生まれて、しばらくして旦那さんが亡くなって葬式には参列したらしいんだけど、その時の記憶が完全に無いのでちょっと書けない。
ただそれ以降はT家に行くことが無くなった。

今考えると意図的なんだろうけど、俺の両親もT家の事に関してはほとんど話題に出さず、たまに妹がT君の話をして思い出す程度に・・・。
で、去年にT君が飛び降りて亡くなって・・・母親から色々話を聞きました。

なんでも昔からT君は霊を呼び寄せる体質だったみたいで、近所に住んでいた時もそれが原因で半ば付近の住民に追い出されるような感じだったらしい。
新しい家も年々人が増えてく感覚だったのもその為だとか。
特に悪質な霊じゃなかったから今までは良かったらしいんだけど、彼の友人が自殺する前後辺りから悪いのが憑き始めて酷かったらしい。

それ以降は両親も子供を連れていかなくなったみたいだけど、葬式の時は流石にってことで連れて行ってもらって俺も変なのを貰ってきちゃったらしく、お祓いしてもらったそうだが、俺自身は前述の通りに記憶にないどころか、そもそもお祓いしてる神社?とか全く心当たりが無い。
それで完全にT家の事は話題に出さなくなったようだ。

T家に居ついてた霊も大量に居すぎてかなり本格的な除霊だかをしないと駄目らしいが、家が神道と相性の悪い宗教らしくてそれも難しいとか何とか。
残ったおばさんと弟の事も気になったけど、流石に聞ける雰囲気じゃなかった。

そういえば、T君の友人が自殺した時に一回だけ心配で電話をかけた事があった。
もう声も思い出せないけど、「俺が殺した。俺が殺したかもしんない・・・」って言葉だけは今でもはっきり覚えてる。

あの時は「お前のせいじゃないよ。元気出せ」って言ったけど、今考えると・・・複雑です。