大学生だった頃の秋口の話。

昔はコンビニや売店なども徒歩1時間圏内に無い様など田舎の学校に、2時間半ほど電車にゆられて通っていました。
その日はゼミで時間がかかり、終電の何本か前の電車に乗って帰りました。

疲れていたのかその日は音楽を聴きながら寝入ってしまったんですが、とある駅で目が覚めました。
その電車は各駅停車で、快速なら止まらない、大きな川の上にあるトンネルに挟まれた駅にも止まる電車なのですが、その駅で誰かが乗ってきて、横に座った様な感じがしました。

『なんでこんなに空いてるのに隣?てかこんな時間にこの駅から乗って来る人も居るんや』と思い、薄っすら目を開けると、窓に反射した隣の座席に(ありきたりですが)白いワンピースを着た髪の長い女性が俯き気味に座っていました。

反射越しに見ると密着してる?くらい真横に座っていた為『なんで真横やねん!』と心の中で突っ込みを入れたは良いものの、密着気味の女性が居るはずなのに、服の擦れる感じとか人が居る気配がない。
ふと隣の座席を見ると足が見えない。

寝ぼけた頭が一気に覚醒、目を見開き窓を見るとまだ隣に女性の姿が見える。
こちらが気づいた事に気づいたのか、反射越しの女性は少し頭を上げ、口角を大きく引き上げ、満面の笑みを浮かべました。

へたれな自分は鳥肌が立ち,『んなはずない・・・んなはずない・・・夢やこれわ!!!』と目をぎゅっと閉じ自分に言い聞かせていると「気づいてくれたんだ~」と耳元で声が聞こえました。

あまりの驚きにガバッと立ち上がり、女性が居ただろう座席を見ましたが当然誰も居ません。
窓も見ましたがきれいさっぱり見えなくなってしまいました。
恐怖で多少人がいる車両に乗り換え、そのまま足早に帰りましたが、その後その女性の姿は見る事が有りませんでした・・・。