これは、私が中学二年の時の話です。
この事をきっかけに霊という物を信じることになりました。

私たちの住んでいる地域には「石敢富(いしがんどう)」という置物がある。
それは、霊道やT地路、霊の溜まりやすいところに置く御守りみたいなもの。

私たちの教室にもそれはありました。
新学期、担任の新規の女の若い先生だった。

最初のオリエンテーションで先生が一言。

先生:「あの石敢富には触れないで下さい」

ですが、私たちはあくまで中学二年です。
次の日Aが足を怪我をしました。

言うまでもなく石敢富を蹴ったらしい・・・。

先生:「やっぱり・・・・・・」

寂しそうな一言でした。

大事には至らなかったが、交通事故で足だけぶつかったらしい。
しかもひき逃げで、捕まらなかったらしい。

月日が過ぎ、卒業式を迎えることになりました。

最後のホームルームで、先生が急に泣きました。
最初は、私も「色んな思い出があったなぁ~」と私自身も思い出に浸っていました。

先生:「黙っててごめんね」

先生が泣きながら続けた。

先生:「ロッカーの右後ろに一年間ずっと女の子がうつぶせでいたの。掃除の時も、給食の時も、授業の時もずっと」

先生:「みんな見ちゃだめ!!!」

一瞬取り乱した先生が、正気を取り戻す。

先生:「今も居るから見ないで。だけど、今日で最後だね。女の子も分かってるようだよ」

先生:「今日は前を向いてる」

みんながどよめく・・・。

??

よく考えたら、”その”女の子の前はAの席だっ!!

先生:「今度は頭だ」

先生は微かに笑ってた気がした。