全然洒落になる話なのか、洒落になってない話なのかは分かりませんが、私にとっては洒落にならないぐらい怖い話です。

事の発端は先週の木曜日の夜。
11時ぐらいに仕事から帰って、シャワーを浴びた後、ビールを飲みながらYouTubeでデンマーク戦後の本田圭佑のインタビューを見ていたんです。
本田がフリーキックについて答えているあたりで、唐突に画面が切り替わりました。

んんっ?と凝視すると、何か廃工場のような場面で、時間は夕方ごろのようでした。
カメラは暗い屋内から、建物の大きな扉の方向を向いていて、画面右端、数メートル離れた位置に、年配っぽい感じの男性が立っています。
男性はノンタイの汚れたワイシャツ姿で、襟元がだらしなく開いています。
その顔は逆光であまり見えないのですが、何かずっと必死で訴えかけるように話しています。
しゃべっている内容は、道路の近くなのか周りの雑音がひどく、しゃべりもはっきりしていなかったため、まったく聞き取れませんでしたが、何か同じ言葉をなんども言っていたように思います。

「なんだこりゃ!?」

動転しながら見ていたので時間の感覚ははっきりしないのですが、この状態が5分くらい続いたように思います。
その間、動画のシークバーや経過時間表示は動いていませんでした。
そして、唐突に本田インタビュー動画の続きが始まりました。

しばらくは呆然と、何が起こったのかと考えていました。
ニコニコ動画だと時報とかアンケートなどが動画に割り込むことはあるのですが、YouTubeでこのようなことになったのは初めてでしたし、とにかく割り込んだ映像が全く意味不明で、何の説明もありません。
何かのイタズラも疑い、同じものを見た人がいないか、2ちゃんなどを漁っても何も出てきませんでした。

翌日の昼食のとき、同僚に話してみましたが、そんなものは聞いたことがないとのこと。
おおかた、見ている途中で寝てしまって夢でも見たのだろうと言われました。
夢にしてはあまりにも現実感があると言ってもとりあってくれません。

翌日以降、また同じようなことが起こるかもしれないとは思いつつも、何か直接的に私にとって脅威となるようなことでもないしと割り切って、相変わらず帰宅後のYouTubeやニコニコ動画を楽しんでいました。
もうあのような奇妙な現象は起こらず、安心していた矢先の昨夜・・・。
ついにまた、起こりました。

そのとき見ていたのはやはりYouTubeで、ある古いアニメの動画でした。
動画が始まって1分も経たないうちに、また唐突に画面が切り替わりました。

同じ場所、同じアングル、同じ時間帯の映像ですが、前回写っていた男性だけが違い、中央よりの位置にうつ伏せになっていました。
正確には、腰だけ上がった状態で突っ伏しているような状態で、両腕はだらりと足の方へ伸びています。
その状態で、男性は全く動きません。
相変わらずの騒音の中、微かに遠くで鳴くカラスの声が聞こえました。

私はふと、この映像を記録しなければと思いつき、横の机の上に置いてあった携帯電話をとったとき、映像は戻りました。
時間にして30秒程度だったと思います。

この映像はなんでしょうか?
あの人は死んでいたのでしょうか?

なぜ私が見ているYouTube動画に唐突に入り込んできたのかも、どうすればそんな割り込み方ができるのかも全く分かりません。
調べても同じものを見た人は今のところみつかりません。
なぜ私だけが見るのかも分かりません。
場所も人も、全く覚えがありません。

同僚と電話で話をしましたが、彼もまるで分からないとのこと。
その彼に、このスレを紹介してもらって(昼休みは終わってますが・・・)書き込んでみた次第です。

とりあえずフリーのキャプチャーソフトを探してきて、画面のキャプチャーの準備をした状態でまたYouTube巡りをしてみようと思います。
何か撮れたら、またご報告します。