俺が山で一番ビックリしたのっていったら、「ゴロン!ゴロゴロ!」って感じで上流から逞しい一本糞が流れてきた時。
よくよく見れば、上流でオッサンが下半身すっぽんぽんで「ウン!ウウ~ン!」ってキバってたんですけどね。

それはそうと、俺が過去経験した話を。
ただ、あまりにも現実離れしてるんで、自分でも微妙に信じ難いところがあるんですが・・・。
かなりの長文ですので、読み飛ばして頂いても結構です。

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうって話になりました。
夜中の午前3時頃に集合、市街地からひたすら自転車をこいで約3時間、目的の川に到着しました。

早速皆で思い思いの場所に散って釣り糸を垂れましたが、サッパリ釣れません。
ポイントを変えてみるも、やはり駄目。
なので、私は徐々に皆から離れて上流へと移動していきました。

そして、自分が釣れそうだと思うポイントを見つけて釣り糸を垂れていると・・・背後から、川原の石を踏む音がしました。
最初は「仲間の誰かが、やっぱり釣れなくて移動してきたのかな?」程度に考えて無視してたのですが、足音は私の背後で止まったまま、動こうとしません。

「なんだ、釣らないのか?」と言いながら振り返ったのですが・・・。

そこには誰も居ませんでした。
更に周囲を見渡すも、居るのは自分1人です。

「あれ?気のせいかな・・・」

そんな事を1人で呟きながらも釣りを続行しましたが、やがて再び場所を移動しようと考え、更に上流へと歩き始めました。

「ここいら辺じゃ駄目だ。今度はずっと奥の方まで移動してやろう」

そう考えながら、川沿いを若干早足で移動します。
すると今度は、私の背後を付いてくる足音がします。

「なんだ、お前も移動すんの?」と言いながら、また後ろを振り返りました。

すると、今度は確かに人が居ました。
ですが、それは友人ではありません。
年の頃は15~16でしょうか。
少年が1人、私のすぐ後を歩いてきます。
私が思わず歩くのを止めると、向こうも止まって私の顔を無言で見つめ返してきました。

「なんだか変わった服を着てるなぁ」というのが、私の第一印象でした。

下半身はズボンに近いものを履いているのですが、上半身は裾の短い着物を着ています。
腰には地味ではあるが、立派なナイフ・・・と言うより、短刀(短剣?)のようなものをぶら下げています。

私は彼を見ても全然驚きませんでした。
近くで映画の撮影でもやってるのかと思ったのです。
今から考えると、あんな田舎の山奥で映画の撮影なんてやってる筈がありません。
それでも、当時の私はそう考えました。

何故そう考えたかと言いますと、まず彼の衣装が、確実に現代のものではない事。
また、背中にまでかかるぐらいの黒い長髪をしていました。
更に、これは私の主観が入ってしまうのですが、その少年がかなりの美形で、俳優と思ったからです。
美形とはいっても、ジャニーズ系のような顔とは違うタイプです。
意志の強そうな顔、と言えばいいでしょうか。
そんな感じの顔でした。

「映画の撮影?どっから来たの?俺が釣りしてると邪魔?」

私は彼に聞きましたが、何も答えません。

少々困ったものの、「こっちだって朝早くに起きて釣りしてるんだ、一匹でも釣らないと割に合わない」と思い直し、さっさと上流へ歩を進めました。

やがて、かなり上流まで到達した私は喉が渇き、腹も減ってきたので携行してきた食料を食べる事にしました。
適当に腰を下ろし、自分で作った握り飯を食べていると、下流から人が歩いてきます。
さっきの少年でした。

私はどう声を掛けて良いか分からず、黙々と握り飯を食べていました。
少年は私のすぐ近くに腰掛けると、こちらを興味有りげに見ています。

「なんなんだよ、気味悪りぃな。言いたいことがあるならさっさと言えよ・・・」と、内心ではそう思いつつも、当たり障りの無い事を話し掛けました。

「もしかして、釣りに来たの?」

「その服、どこで売ってるの?」

「他に一緒に来てる人は居るの?」

・・・全て無言で返されました。

やがて、彼の視線が私の持っているペットボトルに注がれているのに気付きました。
事態の打開を図りたいと思っていた私は、「喉渇いてる?あげるよ?」と言って手渡しました。

彼はペットボトルを手に取ると、それを太陽に向けて光の反射を楽しんでるようでした。
「変わった奴だなぁ・・・」と思っていると、今度は向こうが私に茶色の塊を差し出してきました。
どうやら食べ物らしいというのは分かったので、一口齧ってみました。

少々粉っぽいが、僅かな甘みがある。
決して不味いものではありませんでした。

「美味しいねぇ、これ。自分で作ったの?」と言うと、初めて「うん、そう」と答えてくれました。

それからは、彼も徐々に話してくれるようになりました。
腰のナイフを褒めると、とても喜んで見せてくれました。
両刃のもので、やはりナイフというよりは短剣でした。
若干青く光っていて、よく手入れされてる感じがしました。
どこで買ったのか聞くと「譲って頂いたもの」と、誇らしげに言いました。

彼の話はまだ続きます。
その殆どは山の話でした。
そして、この山がいかに豊かな山であるか、を私に聞かせました。
他にも、怪我で動けなくなった人に手当てをしてあげたとか、山に迷い込んで泣いてる子供を助けてあげたとか、この山に逃げてきた男女を匿ってあげたとか。

今考えれば、きっと古い時代の話なんだと思います。
「草履も脱げて・・・」という一節があったので。

ただ、その時は珍しい話に聞き入るあまり、突っ込みを入れるのを忘れていました。

どれぐらい話していたか・・・突然、「そろそろ行かないといけないから」と言って彼は立ち上がりました。
別れ際に彼は「今日はすまない。だが、明日もここへ来てみてくれ」と言い残し、上流へと歩いて行ってしまいました。

結局、その日は一匹も釣れませんでした。
他の友人は、小ぶりながらも何匹か釣っていたというのに。
そして、友人達にこの話をしたものの、誰もその少年は見ていませんでした。

家に帰った私は、両親にこの話をしました。
母親は「それって変な人なんじゃないの?」といった感じでしたが、父親は黙って聞いてくれて、「じゃあ、明日そこに行ってみようか」と言ってくれました。
元々山好きな父親(私が山好きになったのも父親の影響)なので、まともに相手してくれたのかも。

次の日の朝早く、父親の車でその川まで向かいました。
自転車だと3時間掛かる道程も、車だとあっと言う間です。
川に着くと、早速上流へと登り始め、やがて、昨日少年と話した辺りに辿り着きました。

私と父親は早速釣り糸を垂れました。
が、やはり釣れません。
「なんだ、やっぱり駄目じゃないか・・・」と思った時、竿に強力な当たりがきました。

「川魚でこんな強力な引きなんて、おかしいぞ?」と思いながらも、何とか引き上げてみると、何と1尺超えの岩魚でした。

それからは、面白いように岩魚が釣れました。
しかも、その殆どが1尺前後のものばかりです。

最終的には、8匹もの岩魚を釣り上げました。
自分で釣り上げたとはいえ、信じられない出来事に唖然としてると、父親が「頂いたからにはお礼をしないと」と、帰り際に山の麓にある小さな祠のような場所へ、一升瓶のお酒を置いていました。

この出来事から何年も経ちましたが、未だに彼が何者だったのか分かりません。
聞く所によれば、山の神様は通常、女性なんですよね?それが男性、しかも少年というのは聞いたことがないので・・・。

東北某県、某山の神様は少年ってことなんでしょうか。