僕が以前夏休みヒッチハイクをしているときの話です。
真夜中に岡山と兵庫の県境で立ち往生していた、僕とクラスメイトのS。
時間は3時半ぐらいでした。
車通りも少ないし、朝までそこで夜を明かすしかないとSとあきらめかけていました。
すると一台の車が通りかかって、助かった!とSが大声で「おーい!」と車を停めました。
乗っていたのは、中年のスーツを着た男性、出張の仕事帰りらしく、岡山まで帰る途中だから乗せていってやると言ってくれました。
そのおっさん、目がろんぱってて(目がイってる)どこ見てるのかわからなかったけど、やさしいおじさんだと思って僕とSは車に乗りました。

で、そのおじさん、ドライブがてらに色んな所に連れて行ってくれたのは、いいんだけど・・・心霊スポットみたいな気色の悪い場所ばっかりに案内されて僕とSは困っていました。

で、そのおじさんが車の中で僕らにした話で『遺書』っていう怖い話があったのでここに書きます。

なんでも、最近(今年の五月くらい?)そのおじさんの甥っ子の友人が学校のイジメを苦に睡眠薬で自殺したんだって。
で、彼が残した遺書がすごい。
今地元の警察で厳重に保管されているらしいんだけど、内容ってのが「お父さんお母さんごめんなさい。もう、生きるのが嫌になりました。毎日毎日学校でいじめられて・・・みんな俺に死んで欲しいみたい、みんなが俺を殺したがっている、けど誰も俺を殺さない、俺は待ってるのに、口ばっかり俺をののしって、殴ったり蹴ったりされたけど誰一人として俺を殺さない、だから俺はみんなの期待にお答えして死んでやります。俺は誰も許さない俺は誰も信じない。カウンセラーのセラピーなんて聞き飽きた、奇麗事ばっかのアホな大人、あいつらはなにも分かってない。友達面して相談に乗ってる振りをしていたK、外面ばっかで俺のことなんもわかっちゃいなかった。それと担任のG本当は俺のことめんどくさがってたんだろ?顔にそう書いてあったよ厄介者扱いしやがって、それと俺を殴ったD、T・・・」・・・など。

イジメの全容と恨みつらみの言葉が書かれてあり手紙の最後に「俺の生涯にかかわった奴、俺が顔を覚えている奴、俺をいじめた奴、この遺書を見た奴、みんなこっちに引きずり込んでやる、呪い殺してやる」というふうなくくりであったと。

で、5日後にイジメの主犯格であった少年が自転車で釣りに行く最中にトラックに引かれて死亡しました。
彼は死ぬ前に「アイツがずっと夢にでてくるんだよ・・」といってたみたいです。

当時はみな呪いなんて信じていませんでしたし、「んなことありえない」とかみんな笑っていたんだけど、その次にまたイジメの主犯格であった少年が学校に来なくなりました。
なんでも不治の病と医者に診断されて入院したそうです。
彼のお見舞いに行った彼の彼女でもありクラスメイトのAが言うには、「見違えるほどゲッソリしていて、毎晩イジメたアイツが夢に出てくる」といってました。
それで、彼の呪いはどんどん進行しているようです。

この話を聞いた、そのロンパリのおじさんも、彼が夢にでてきたそうです。
で「お前は必ず一週間後に死ぬ、俺が迎えにいってやる」と言ったそうです。

そのおじさんは知り合いに有名な霊能者がいて、相談しにいきました。
すると、霊能者は「彼の怨念はすごい力であり、もうすでに悪霊化していて、お祓いなどをしたところで効き目がない。彼の地元に彼の御霊を鎮める慰霊碑を建て、皆でお参りをしない限り、どうしようもないと」言ったそうです。
そして直接的な解決方法はないけど、魔よけの呪文を教えてくれたそうです。
その呪文とは「オンテニクルアムエイキリク」と唱えた後に「詛末叶宇」と言うそうです。
すると彼の怨念を跳ね除ける効果があり、死はまぬがれるらしいです。

しかし、夢の中で彼が出てきた時に言わないと効果がないことと、「詛末叶宇」この呪文の意味を知っていないと効果がないと言うことです。
その意味は自分で考えて理解しないといけないというそうです。
人から教えてもらったりしても効き目がないと。

そう言ったロンパリの中年男性はこう続けました。

「私はその呪文の意味が分かったから、今こうして命は助かったのかもしれない、ただ、夢の中で彼にその呪文を唱えたら、かた目をつぶされる夢をみて・・・目に障害が残ってしまったけど・・・」

実際この話を聞いて僕は全然信じませんでした。
一緒にヒッチハイクしていたSと一緒に「んな、話があるわけねーじゃん」とバカにしてましたが、僕はそれから毎晩”彼”の夢を見るようになってしまい「数日後にお前を迎えにいってやるからな!」とずっと彼は言うのです。

僕は寝るのが怖くて怖くて、「詛末叶宇」の意味を寝ずにずっと考えてましたが、これじゃないかな?って答えがわかったんで、それを夢の中で彼に言いました。
すると彼は「勘弁してやるよ」と、夢の中で僕の耳元で囁きました。

僕の片耳がそのうち聞こえなくならないか心配です・・・。