利き足に全体重を掛け、その石に乗せた。
石はあっけなく揺らいだ。

俺:「しまった!」

一瞬宙に在った身体は程なく大地に打ち付けられ、青褪めた時には、もう、周囲の石たちと滑落していた。
そのまま、ごつごつした大きな岩の上にまともに落ち、そこへ、後から自分の頭より大きな石が幾つも落ちて来た。

俺:「うわっ!」

俺の身体は5秒で肉がひしゃげ、骨が砕けた・・・。

・・・どこだか分からないが、道を歩いていた。
周囲はもう、とっぷりと日が暮れており、何も見えない上、足がちゃんと上がっていないから、小さな石に蹴つまづく。

今、俺はいったい、どこを歩いてる?

ドロドロに疲れ切った身体を、ともかくも前へ進める。
上り坂だが、登っているのか、降りているのか?
ふっと木立が途切れて、少し先の峠に灯りを見つけた。

俺:「ものの5分もかかるまい。あそこまで頑張ろう・・・」

古風なランタンを2つ、門柱代わりに下げた小屋、と言うより平屋建てのログハウスと言った方がいいかもしれない。
その木製の階段を3段上り、扉をノックする。
「はい」、と言う軽やかな応えがあり、ドアが開いた。
そこには黒い服を着、まっすぐな髪を肩まで伸ばした、整った顔立ちの青年が驚いたような顔で立っていた。

青年:「予定外の方ですね」

俺:「すみません・・・」

そこまで言うのが、俺にはやっとだった。
目の前が暗くなった。

なんだか辺りが騒々しい。
ガチャガチャと金属類の触れ合う音と、人の声が飛び交う。

消毒液の臭い・・・。

そこに、薬品や金属なんかの臭いが混じる。
何よりも血の、たぶん、俺の血の臭いが濃い。
それに気付いた時から、絶え間ない痛みに襲われている。

「・・・さん、聞こえますか!?返事して!・・・さん」

うるさい!聞こえてるさ、十分。
ただ、返事が出来ないだけだ。

手足は途中まで痛い。
その先はよくわからない。
心臓が拍動する度に、身体が冷え、ぎこちなく固まって行く。

俺:「ああ、もしかして、俺死ぬのかな・・・?」

そう思った時、若い男性の鋭い声が響き、無傷らしい部分にあちこち太い針が打ち込まれる。
流れ込もうとする何かを、身体が無意識に拒否するのか、思わず身じろぐ自分がいる。
麻酔も打たれたかも知れないが、元々俺に麻酔は効かない。
痛みの奔流が全身を駆け巡る。
かろうじて出せるのは、吐息のような呻き声だけ。
荒っぽく身体が動かされ、その激痛のあまり、俺は気を失った。

目を開けると、座り心地の良いシングルソファに、半ば埋もれるようにして座っている自分がいた。

さっきのあれは何だったんだろう・・・。

目の前に、白いティーカップに入った飲み物が、すっと差し出された。

青年:「どうぞ」

涼やかな声で彼が言った。
それは、不思議なハーブティーのような味と香りで、熱くもなく冷たくもない。
けれど、疲労が一時に消えるような気がした。

明日になれば、また歩き出せるだろう。

下山予定は過ぎてしまったが、まだ人を騒がせる程ではない。

青年:「いいえ、それは無理です」

俺の心を見透かしたように、彼はそう言った。

青年:「先程、ご自分の身体に一度戻られて、お分かりになったはずです」

俺:「ご自分の身体って、じゃあ、あれは・・・?でも、俺は今ここに・・・」

青年:「ここは、生と死の間の世界。生身の人は来られない所です」

俺:「・・・・・・・・・!!」

俺は死んだのか?

青年:「いいえ」

彼は小さくかぶりを振った。

青年:「死んではいません。でも、生きてもいません。ただ、あなたはここに来るべき人ではない」

困惑する俺に、彼は静かに言った。

青年:「あなたはご自分の生死が定まらねば、ここを出る事が出来ません。例え、私が小屋の戸を開けてさしあげても、今のままではまたここへ戻ってしまわれるだけです。事が定まるまで、様子を見ましょう」

こうして、俺はこの不思議な小屋の客となった。