短いけど彼女が体験した話。

彼女は幽霊とか信じるタイプだけど、その友人Aはどちらかというと信じない人。
じゃあ見てみようか?ってことで、一緒に某有名な心霊スポットに行ったそうな。
何でも女の幽霊を見ただとか、ナースの幽霊がとかなんとかの廃病院。
ひとしきり徘徊したが特に何もなく、車に戻って一息ついてたら彼女が急に叫んだらしい。
Aが何事かと思って問い詰めるとルームミラーに何か変な影が写っていると・・・。

見てみると血だらけで服装もぼろぼろな女が暗闇の中から走ってくる!
流石にAもびびり車のエンジンを掛けた。
彼女はもう半狂乱で「早く車出して!」とわめいたそうな。
そして、サイドブレーキ外していざ!と思った時、Aが急に困惑した表情でルームミラーを見つめている。

彼女はと言えばそんなのんきそうなAに腹が立ち「どうするのよ!早く出してよ!」とキレる。
しかしAは車を出すどころか女が来るのを待ち、窓も全開にして「早く乗れ!」と叫んでる。

もう彼女はガクブル。

幽霊乗せる気か!
いくら信じてないからってそこまでするか!と思ったらしいがAは何を思ったかサイドブレーキをひき、車を出て女のほうへダッシュ!

免許持ってない彼女は車の中でガクブルしてもうだめだ!呪われる殺される!とか思ったらしい。
そしてとうとう後ろのドアが開きAがその女を乗せるような音・・・と一緒に「すみません助かりました!ありがとう・・・ありがとう・・・!」って女の声がして彼女ぽかーん。
友人はすぐ運転席に戻り車発進と思ったら、今度は男の怒声みたいなのが後ろから聞こえてきた。
Aは構わず出発、すぐ警察署へ。

もうここら辺りから彼女も気がついたらしく、どうやら血まみれの女の人はレイプされかけてぼこぼこに殴られたらしい。
命と貞操を守りなんとか逃げ切ったところに自分たちの車があったんだと。

もしあのまま逃げてたら、その女の人殺されてたかも・・・だそうだ。

幽霊も怖いけど生きてるやつのがやばいって話でした。