高校の時、変なものに付きまとわれた話。

そいつは下校時、特に部活やらで帰りが遅くなったときによく出てきた。
ふと振り返ると曲がり角とか死角になる所から(´・ω|こんな感じでこっちを見てる。
実際は肌色か白か灰色かわからない顔色で、目はフルオープン髪は乱れてはいないが櫛で梳いてないようなボサ気味。
性別は「男みたいな女」とも「女みたいな男」とも見える。

最初はストーカーみたいなのか池沼さんかと思ったが、ヤツが電柱から見てた時に違和感が。

影がない・・・。

無性に気になり「オイなんだよ」くらい言ってやろうと近づくと、シュルシュルっと引っ込んで目の前まで来たころには消えた。
この日はこれ以降何もなし。

ある日、また現れた。
今度は凝視しながら離れてみた。
すると今度は逆に段々せり出てきた、肩から胴、足、足?足がない・・・。
ていうか裸なのかタイツなのか、体は顔と同色で下半身がヒョロヒョロしてる。
ようは人間の顔の付いた一反木綿だ。

いきなり一直線に飛んできた、体はなびいて顔だけこっちに向かってくる様でパニックになり猛ダッシュで逃げた。
目は離せなかった。
追いつかれると思った瞬間、横から衝撃が・・・。
気付かず道路まで出て原付にはねられたらしい・・・。

病院で気が付いた。
俺をはねたオッサンが顔くしゃくしゃにして何度もあやまってた。
その後、友達も一緒にはねてしまったと言われたが、気が付いたら現場から”友達”が消えてたから事後処理は被害者俺一人ってことで済ませたらしい。

もちろん友達なんかいなかったから「僕一人でした、おじさんの見間違いでしょう」って完全に棒読みで言った。