2年前大学んとき遭遇した「霊殺し」の話。

夏なのにやることねーヤツが集まって肝試しに行くことになった。
メンバーは7人男。
4人女、3人で男の内一人霊感アリ。(以後S)
そのSは見た目完全にDQNだけど気さくでいいやつだ。
笑ってるけどキレたら化け物・・・の典型って感じかな。

目的地は企画したH(男)の実家近くにある廃屋見るからにボロくてHが厨房だった頃からあったらしい。
壁が黒ずんでて回りも閑散としてる上に森に囲まれてる雰囲気は満点で遠目から見ただけで全員大興奮。

けどSは神妙な顔でしばらく黙り込んで数秒後に吹っ切れたように笑ってた。
小声で「まぁ・・・大丈夫だよな」と困ったように言ってたのを鮮明に覚えている。

2階建てでちょっと洋風入っててファンシー建物自体の広さは15メートル四方くらいだったと思う。
赤茶けてたり黒ずんでたり、風化劣化の集大成みたいな家で立地条件は最悪を通り越して逆ヘブン状態。
ジャンケンに負けて玄関のドアを開けようと思ってノブを引くとやたらと硬い・・・。
全身使って力一杯引いたら「ギッ・・・!ギッ・・・!」てな感じで徐々に開いていく・・・。

その時Sが一緒に引いてくれたらすんなり開いてビックリした。
これも霊力?の一種なのかな。

ドアが開いた時、廊下の奥で何かがヒラヒラしてたのが見えた。
他の男2人はバシャバシャ写真撮ってばっかでクソの役にも立たなかった。
中に入ると中は意外と荒らされてなくて驚いた。
てっきりDQNの交尾スポット化してると思っていたんだが・・・。

居間なんてつい最近まで誰かが住んでたんじゃないか?という気さえした。
でもホームレスとかじゃないが、家に入った瞬間から誰かの視線を感じる。
360度全方位から、家そのものから見られてるような感覚がした。
後になって気付いたが開いてる窓や大きな穴が開いている箇所もなかった。
では一体何がどうやってヒラヒラしたのか?
この時点で悪寒が走りたい放題だった。

もうひとつ意外だったのはSが案外ホイホイ入っていっちゃうコト。
霊感あって一番怖がりそうだと思っていたがむしろ楽しんでた。
色んな所のドアをポンポン開けては「今なんかいたぞww」とか冗談も言ってた。
しかし2階に一部屋だけ開かずの間があって気味が悪かった。
この家で唯一和室で障子囲いなのにそのどれもが全力で開けようとしてもビクともしない。
俺とS以外のやつらは1回で酒飲みだしてもう完全に肝を試す気ゼロだった。
申し訳ないと思いつつS呼んで開けてもらった。
頼んだときは若干嫌そうな顔をしたが、素直に楽しんでる俺に免じてか溜息を吐きながらも手伝ってくれた。

これまたSが手伝うとスンナリ開いちまって自分の腕力に若干不安を覚えたのを覚えている。
中は四隅が真っ暗で一つだけある窓から月明かりが差し込んでて一部だけ床が見える妙な感じ。
言いづらいけどその月明かりも白々しいような、邪悪なモノのように見えた。
とりあえず普通の気持ち悪さとは一味違う。

なんとなく早く入らなきゃと思って先に一歩踏出したらSも入ってきて障子を閉め俺の隣に並んで立つ。
窓の前に机があって置いてある小物から判断して多分小学生くらいの女の子の部屋なんだと思った。
窓から外を見ると丁度Hの車が見下ろせる位置にあって、何故かはわからないが、もしここで幽霊が待ち構えてたら全部見えてたんだろうなーと思った。

その時また直感的にバッと後ろを振り返ると、障子がちょっとずつ開いていく。
俺は目が離せなかった・・・。
音も立てず独りでに開く障子からなんとか目を逸らしSに視線で助けを求めると、Sは未だかつて見たこともない程に冷めきった目でその光景を眺めていた。

障子が全部開ききって、誰のかわからない息遣いが聞こえた―その時!
Sが射殺すような鋭い目つきでソレを睨みつけてドスのきいた声で喋り出した。

S:「帰れよ・・・なぁ・・・」

人間同士の喧嘩と大差ない感じだったが空気が違う・・・。
身体が凍って動けない・・・。

S:「わかってんだろ・・・ホラ、帰らないとさぁ」

そう言ってSが拳を握り締めた瞬間、「ドタドタドタドタ!!」と音を立てて何かが階段を慌てて下りていった。

数秒間沈黙があって玄関が「バァァアン!」と大音響と共に乱暴に開かれ、落ち葉の上を這いずるようにしてその「何か」が家から遠ざかって行く。

下の階のメンバーは完全にパニックになっている。

程なくして1階の酔っ払い達も大人しくなったその静けさの中でSがボソッと「許すわけねぇだろ」と乾いた声で言った。
人生で一番強く恐怖を感じた瞬間だった。

その時「うあ゛あ゛ああああぁぁぁぁ゛ぁ゛あああああああああ!!」という女の叫びが・・・。
何故か誰も音を出さない耳が痛み気が遠くなる程の沈黙――その数秒後、「ぼぎ」と鈍い音が聞こえて落ち葉に何かが倒れた。

Sは帰り機嫌がよかった。