※このお話には【後日談も聞きたい?(後編)】があります。

私が体験したことを書こうかな。

今から6年前。
水商売をしていた私は、その日に限って0時頃帰れた。
風呂に入りたかったけど、面倒になったからいいや寝ちゃえ・・・と思い、顔だけ洗って布団に入った。
すぐに眠りに落ちて、しばらくすると目が覚めた。

時計を見ると午前2時半ぐらいだった。
もう一度寝よう・・・と思い、目を閉じて少したつと金縛りに遭った。

私の意識は、まだある。
なんだ?疲れてるのかな・・・。
怖い気持ちを紛らわす為、努めて明るく考えた。

その時、私の寝ている部屋の(玄関から見て)手前の部屋の引き戸が開く音がした。

え?誰か入ってきた・・!?

そんなワケないよな、玄関とか開く音してないし・・。
異様な金縛りの中、耳に意識を集中させた。
すると、手前の部屋の畳を歩く音がする。

スッスッスッス・・・。

真っ直ぐこちらの部屋に向かっているのが分かった。

え!どうしよ!!

私は金縛りで動けない。
しかし意識だけは、ある。
布団の中にいる私の、頭の上はすぐ引き戸だ。

この引き戸も開けられたらヤバくないか?

開くな・・・。

しかし、引き戸は開けられた。

すーっ。
引き戸を開けてすぐの場所で、私は寝ている。
と言うより引き戸に布団をくっ付けるようにして寝ていた。

私はまた、怖い気持ちを紛らわす為にこんな事を考えていた。
戸を開けてこんなにすぐの所で寝てるとは思わなかっただろうな。
しかしソレは、私の顔を覗き込んでいる。
見たわけではない。
気配がある。

物凄い恐怖で、もう他の事なんか考えられなかった。

あーお願い!帰って!向こう行って下さい!

一生懸命、心の中で祈った。

時間にして、どの程度か分からない。
多分1分も経ってないだろう。
それからまた、頭上の引き戸がすーっと閉まり、手前の部屋の畳を歩く音がした。
それと同時に金縛りも解けた。

あー・・なに今の?

他の事を考える余裕も出てきた。
でも耳だけは、手前の部屋に集中させていた。
そこで、ふと気付いた。

・・・出てった音しなくないか?

入ってきた時は、手前の部屋の引き戸も開く音したのに。。
ってことは、まだいるって事!?

しかし、私には起きて確かめる勇気はなかった。

やだよ、寝る。

恐怖で凍りつきそうになりながら、私は朝方になってようやく眠れた。

それ以来、私の住むアパートでは不思議な事が次々と起きるようになった。
その話は、また後日書こうと思っている。

※後日談も聞きたい?(後編)へ続く