昨年の話。

大学が夏期休暇に入り暇をもて余した私は、同じく暇をもて余す友人と二人で肝試しに行くことにした。
肝試しといっても心霊スポットなんて大したものじゃなく、深夜に近場にある古びた神社へ行って写真を何枚か撮影し帰って来るだけというシンプルなものである。

肝試し当日、私たちは神社の長い階段の下に集合した。

深夜だが夏独特の蒸し暑さで、首もとが軽く汗ばむ状態だった。
暑い中、長く急な階段を上らなければならない。
そう考えると少々げんなりしたが、二人一緒に階段の数を数えつつ神社に向かった。
30段目を数えたところで階段が終わり、神社に到着した。

暗闇の中、懐中電灯に照らし出される神社は迫力満点で、暑さと階段のきつさにだだ下がりだったテンションは一気にヒートアップした。
私たちはデジカメとスマホで各々思い思いの風景を撮影し、最後に御賽銭を投げ込んで神社を後にした。

神社を帰る際も、長い階段の段数を数えることになった。
私は友人と共に、小声で段数を数えながらゆっくりと階段を降りた。

27段目。
そこで階段は終わった。
上るときより3段も少ない・・・。

私と友人は不思議に思い、暑さを忘れてもう一度階段を上った。
やはり30段である。
そして今度は慎重に一歩一歩踏みしめながら階段を降りた。

26段。
さっき以上に段数が少なくなっている・・・。

さすがに不気味に思った私たちは、無理矢理数え間違いと結論付け解散した。
だがお互いにどこか釈然としない思いを抱えたままであった。

しかしこの不思議な出来事の原因はすぐに判明した。
後日確認した神社の写真。
その中にあった階段と鳥居を写したもの。
そこには、階段の最上段に折り重なるように倒れる数名分の人影が確認できたのだ。

そう、私たちはあの夜、”彼ら”を踏みしめ神社へ到達したのだ。