会社の近くの博物館に昼食を食べに出かけた。
博物館の中の喫茶店は、おいしいけどみんなに知られていないせいか、あまり混んでいないからゆっくり食べれるので、数回来た事がある。

いつもは、ロビーの近く席だけど初めて窓側の席に案内された。
席に座ると視線を感じたので右側を見た。
すると、ひとつ隣の席に暗い男がじっとこちらを見ていて、顔は青白く、髪は顔の半分ぐらい覆いかぶさって、表情ははっきり見えなかったが、こちらをじっと見ていた。

サイコみたいな感じで・・・無視しようと思ったが、なんか気になるのでつい、チラチラ見てしまった。
相手は、やっぱりこちらをじっと見ていた。
その表情は、何かおどおどしているようでもあり、なんだかこっちを小ばかにしている感じもした。

変なやつだなぁと思っていたが、もっと変なことに気づいた。

彼は、私と同じ服を着ていた。
よく見ると、彼のいる場所は、一面鏡張りになっていて、そこに私が写っていたのだった。
こんな風に人に見られているのかと思ったら、情けないやら、悲しいやらで・・・。
そのまま鏡を見つめていた。

鏡の中の気持ちの悪い男はにやりと笑った。
確かに、にやりと笑った。