※このお話には【霊感体質なってしまった(後編)】があります。

霊感体質。

私は今まで、霊といものに全く興味を持っていませんでした。
それが去年の夏以来、無関心ではいられない状況になってしまいました。
そのきっかけとなった出来事とは私自身の不注意による交通事故でしたが、私の人生最初の霊体験は病院に入院しているときに体験しました。

その時、私は一週間生死の狭間をさまよっていたそうで、朦朧とした意識の中で誰かが呼ぶ声が聞こえます。
なんだか懐かしいその声は10年くらい前になくなった私の祖母のものでした。

祖母は私を非常に可愛がってくれました。
その祖母が、初めてみるような怖い顔で「こっちに来たらいけない」と言っていたようです。
気がつくと病院のベッドの上でした。

意識を取り戻し、しばらく不自由な入院生活を送っていました。
退屈なため、昼寝ばかりしていた私は夜中の1時頃に目を覚ます癖がついていました。
おかしな事に、目を覚ますと必ず看護婦さんが見下ろしているんです。

大きな病院ではありましたが、その看護婦さんには全く見覚えがありませんし、私が目を覚ましていることは明らかなのに、一言もしゃべらないでじっと私のことを見つめているのです。
何か声をかけようかと思っていると、看護婦さんは無言で病室から出ていきますが、昼間、その看護婦さんには会ったたことはありません。

その後何とか普通の生活に戻ることが出来たのですが、その事故を境に、妙なものを見るようになりました。

私が部屋で寝ていると、頭の上から大勢の人が話している声が聞こえます。
私の家は結構年期が入っていて、天井は板張りになっていますが、何となく天井を眺めていると、天井の木目がだんだん人の顔になって盛り上がってきます。
そのまま見ていると、天井一面にびっしりと人の顔が浮かんできて、その顔は全部違う顔で、激しく口を動かしてしゃべっているのが分かるのです。
なんて言っているかはよく分かりません。

そしてこれは最近の出来事でが、先週、渋谷に遊びに行きました。
友達と一緒に歩いていると前の方から”それ”は歩いてきました。

それは男性のようでしたが、確かではありません。
というのは、それには頭がついていなかったからです・・・。
一緒に歩いていた友達も、その方向を見ていたのですけど、気づいていないみたいでした。

それがすれ違った時に、軽く私の体に当たったんです。
その時、私には聞こえました。

『失礼』

本来、頭のあるべきところから聞こえてきました。

そして、今私の体験談を記入しているのですが、後ろから話し声が聞こえています。
もちろん、振り返っても誰もこの部屋にはいません。
でも、はっきりと話し声が聞こえています。

※霊感体質なってしまった(後編)へ続く