※このお話には【霊感体質なってしまった(前編)】があります。

前回は私が去年の交通事故を境に妙なものを見るようになったことは前回お話ししました。
相変わらずそんな日常が続いています。
ささやき声を背後に聞きながら投稿を書いています。

これは会社から帰宅途中の出来事です。
電車から降り、改札へ向かう途中、前を歩いている会社員に変なものがしがみついていることに気がつきました。
それは、小学生が着るような白い体操着を着て赤の帽子をかぶっていました。
裏返すと白い帽子になるやつです。

それが、きゃしゃな男の背中に逆さまで張り付いている。
そして紛れもなく異常なのは、しがみついているのは、40過ぎの無精ひげをはやした、おじさんなのです・・・。

そのおじさんは、男の首に足を絡ませ、手は男の両足にしっかりと掴まっている。
その体勢のままで、首だけを私の方に向けて不気味に笑っていました。

周りの人間は明らかに気づいていない。
そんなものを、あの雑踏の中で見つけたら、何かしらの反応を示すはずです。

改札を抜けるときにも、駅員は何も言わなかった・・・。
そもそも、掴まれている男自体、何も気づいていないようでした。
男は背中にそれを張り付かせたまま行ってしまった。

そして一昨日の出来事です。
夜中にビールを買いに自分の月極駐車場に車を止め、自宅へ戻ろうとしたとき、駐車場出口付近の車の中に誰かがいる気配がしました。

横目で見ると、小さなおばあさんがちょこんと運転席に座っている。
じっと身動きもしないで、私が通ってもぴくりとも反応しない。
私が見るようになった、”妙なもの”かどうかはわかりませんが、そのときの時間は夜中の1時過ぎでした。

あっ、そうそう。

私の部屋の天井に浮かんでくる顔の話を前回、お話ししましたが、最近では部分的にだけど、何て言っているかわかるようになってきました。

内容はちょっと怖い言葉なので差し控えたいです。

以上。