雨で眠れないから、俺の恐怖体験を書く。

大学の友人のAはアパートで独り暮らし中なんで、仲間内で宅飲むしたりする時はよくAの部屋に集まっていた。
Aは角部屋に住んでて、ある日Aの隣室の女性を見かけたんだが、それが超美人。
Aに「美人が隣でいいなぁ~」って言ったら、急に真顔になって「最近あの女、夜中にマジキチガイみたいにブツブツうるさいんだよ・・・」っていうわけ。

リアルメンヘラちゃん来た!?

そう思って、好奇心でその日Aの部屋に泊まってどんなキチガイ具合か確かめることにしたんだわ。
そんで夜中、確かにすっげぇブツブツ聞こえる・・・マジキチ状態・・・。

しかもAが寝てるベッドの近くから・・・。
いや、Aが寝てるベッドは隣室のある側じゃなくて外側に配置されてるんだよ。
だから宙に浮かなきゃ壁の外からブツブツしゃべるなんて無理なわけ。

俺、ゾっとしてすぐさま布団から出てAを起こしにいったんだ。
そしたら、Aは目を見開き宙を睨みながら「うるせぇ、やめろ」と妙に甲高い声で超小声でブツブツ言ってんの。
あの音は、壁の外じゃなくてAが発してたんだよ。

急いでAの体を揺さぶって正気にさせたんだが、「見たろ!あの女おれの脳内に進入して来やがるんだ!」と叫びだした。

いやいや、キチガイはお前だろ!!ってことで、翌日からAとは疎遠になっていった。
で、しばらくして、Aが統合失調症になってたことを聞いた。

知らなかったが・・・実家でゴタゴタなんかがあってずっと鬱状態が続いた後の発症だったらしい。
そんな風には見えなかったけどなぁ・・・と思いながら、またしばらくしてAが復学したとき、もう目がかなりイッちゃっててびびった。
ガリガリでまさに精神科の病人って感じだったし、今思えば変なドラックでもやってたのかな・・・。