昔、俺が小学生4年くらいの頃の不思議な記憶です。
夏休みに家族4人(父,母,俺,妹)で富士山近く?のサファリパークみたいなとこに遊びにいきました。(場所はハッキリと覚えてません)

サファリパークの自然公園みたいな所で遊んでいた時に、公園から少しはなれた所である女の人に声をかけられました。

こんな感じで会話したと記憶してます。

女の人:『わたしを覚えてますか?』

俺:『わかんない・・・.』(でもおぼえてないけど知ってる。デジャブみたいな感覚)

女の人:『あなたのほんとうの母親です。」

俺はまだ幼い事もあり何がおこってるのか理解がまったくできなかった。

女の人:『あなたは本来の地球人ではありません。ある経験を積むためにあなたは地球を選んでやってきました。あなたが大人になった頃、驚くべき経験をすることになりますが何がおこってもまったく怖がる事はありません。私達はいつでもあなたのことを見守っています。また未来にあなたを迎えにきます。それまで今の家族を大事にして下さい。』(ほんとはもっと長かったけどこんな感じだったと思います。)

俺は会話をしてるときにこの本当の母親を完全に思い出した。
その女の人は話すだけ話したら空に消えてった。
俺は泣きながら「母さんいかないでぇ」ってさけんでた。
消える最後まで女の人は笑顔でずっと俺を見守ってた。

俺は幼いながらもショッキングな出来事でしばらく放心状態だった。
しばらくして今の両親が俺を探してたようで怒られた。

それでも俺は本当の母親が俺の元からいなくなりワンワン泣いてた。
親に話したけどまったく相手にしてくれなかった。(当たり前か)

その直後くらいから不思議な能力が芽生えた。
妹の考えている事が黙っていても完全にわかる能力と自然(特に植物)の気持ちが聞こえる能力です。

ただいつでもわかるわけではなく時々しかわかりませんが、その時になると自分にはわかるのです。(うまく説明できませんが・・・)
妹にはかなり気持ち悪がられました。

あっ、あと友達の自転車のチェーン鍵の4桁の暗証番号を一発で当てたこともあったなぁ。
まあそんな能力も俺が高校くらいになるとなくなってしまいましたが・・・。

学生時代はよくみんなに『おまえは地球人らしくない。もしかして宇宙人じゃねえの?』とか言われてましたが、もしかしてもしかすると肉体は地球人だけど魂は宇宙人なのかなぁ・・・とたまにあの記憶を思い出すと考えてしまいます。