つい先月体験した事をカキコ。

ある家に俺が福祉用具の集金に行った時のこと。
その家は50歳くらいの夫婦が二人で住んでて、別の家に住んでる脚の悪いお爺さんの面倒を見ながら仕事してたらしい。

俺も担当者会議でその別の家に住むおじいさんにも2~3度会った事があるけど、人の良さそうな老人で80歳は過ぎてる感じだった。
使ってる福祉用具(車椅子)はレンタルだから、毎月決まった日に夫婦の家に集金に行くんだ。

さて、午前11時の糞暑い最中、その夫婦の家に着いてチャイムを鳴らした。
いつもなら奥さんが居てお金を払ってくれるんだが、その日は誰も出てこない。

留守かな?と思って帰ろうとすると、扉がガチャッと開いてお爺さんが出てきた。

普通に歩いて出てきたから、あぁ、ちょっと回復したのかな?なんて思って

俺:「脚、良くなられたんですね。良かった。これからもお大事にしてくださいね」

なんて声を掛けて集金に来た旨を告げたんだけど、お爺さんは何も言わずにこちらを見て微笑むだけ。
この人は別に認知などは入ってない筈だったので何かおかしいなとは思ったが、このままでは埒が明かないので夕方夫婦が居るだろう時間に再訪する事にした。

夕方6時半頃、再度夫婦の家を訪問すると奥さんも旦那さんも居た。
喪服を着ていたので、葬式に言ってた模様。
で、奥さんが俺を見るなり一言。

奥さん:「今までありがとうね。お爺ちゃん、無くなっちゃったから今月で車椅子引き取って下さい・・・。」

俺:「うええぇぇぇっ!?俺、今日の昼にこの家でお会いしたんですけど!」

奥さん:「この車椅子、本当に使いやすかったらしくてあなたに感謝してたからね~。」

そうか・・・。
アレ、幽霊だったんだ・・・。
全く普通の人と何ら変わらなく見えたぜ・・・。
マジか・・・。
爺さん、成仏してくれよ。

で、終わればいいんだけどさ、今その車椅子会社の倉庫にあるんだよ。
それがたまにいつのまにか店頭に並んでる事があるんだよね・・・。
スタッフは誰も出してないって言うしさ。