俺は正直、霊魂の存在は頭のどこかで信じてるのかもしれないが、幽霊のとか、先祖の祟りとかその手の物は信じていない。
大体なんで、可愛い子孫をご先祖様が祟るのか理解出来ない。
でも、お墓とかは大事にはするタイプ。
死んだ婆ちゃんとか好きなんで。

そんな俺が経験した・・・・恐怖でないような、でも奇妙な体験話。
いわゆる幽霊とは違うが、普通では、絶対にあり得ない話だ。

ある冬の日の出来事。(それは11月だった)
幽霊怖い!の弟は、いつもオレンジ色の小電球を付けて寝てるが、俺は幽霊とか信じてないし、逆に寝にくいので部屋は真っ暗にして寝ている。
ちなみに俺が寝ているのは1階の和室で弟は2階の洋室の自室だ。
俺の隣部屋では、ふすまを隔てて親父が寝ている。

俺はいつも通りに午前3時か4時頃に布団に入った。
だんだん冬らしく寒くなってきた頃だ。
ものの数分で眠りに落ちた俺を、誰かが布団の上から胸の辺りを揺れ動かして、「ねぇー、パパ遊ぼうよ!」「ねぇー、パパ!パパ!」と起こした。
部屋は真っ暗だ。
外から街灯の光が障子を通してうっすらと部屋を照らしてる程度。

でも、俺の枕の右側の畳の上に、正座をして、俺を起こそうとしている女の子が見えた。
かなり寝ぼけていた俺は、「へぇっ?パパ?」となにげに呟いた。
その女の子は、小さく頷いた。
しかし俺は、その瞬間パニクった。
そして恐怖に打ちのめされた。
ウチにそんな小さな女の子は居ないし、当然俺にも子供なんて居ない。

「うわぁぁぁぁぁぁー・・・・」と、声にならないわめき声を上げながら、布団を頭から被った。
心臓の鼓動が聞こえそうなくらいドキドキしている。
マジで本当に激しくドキドキしていた。
内心「お化け、お化け、お化けが出たー。怖ー、怖ー、怖ー」と思っていた。

俺は布団を被りながら、必死に自分に言い聞かせた。

俺:「これは夢だ。夢を見ていて寝ぼけてるんだ。現実と夢がごっちゃになってるだけだ。世の中にお化けなんて居る訳がない」

でも、まだ心臓はドキドキしている。

俺:「落ち着け、落ち着け、落ち着け」と何度も言いづけた。

・・・・が!!!それは、夢でもなければ、俺が寝ぼけてる訳でもなかった。
その女の子は、また俺の胸当たりを布団の上から揺り動かして、「ねぇー、パパどうしたの?早く遊ぼうよぉー!」「ねぇー、パパ!パパったら~」と、執拗にその女の子は、俺に遊ぼうと訴えてきた。

俺は心の中で言い続けた。

俺:「頼む、消えてくれ!消えてくれ!」

でもなぜか「俺は君のパパなんかじゃない、さっさと向こうへ行ってくれ!」とは言えなかった。
相変わらず、その女の子は、「遊ぼう!遊ぼう!」と言い続けている。

しかし俺は、今までSEXなんてしたことはない。
だから俺に子供が居る訳がない。
はっきり言うが俺は童貞だ。
どう見ても、客観的に見ても俺は異性にモテるタイプではない。
比較的幼い子供には何故か気に入られて、初めて会った子でも楽しく遊んだりはするが、俺とSEXをして俺の子供を産んだとか、あるいは産もうと思っている女性は、誰一人として居ないはずだ。
今後もそう言う女性は、俺の目の前には現れないと思う。(以前、従兄弟の奥さんに変なことを車の中で2回されただけだ。風俗などにも行ったことはない!)

いずれにせよ、俺には子供なんて居ないのだ。
でも布団の外では、確かに小さな女の子が俺に遊ぼうと言っている。
これは確かに現実だ。
俺は、布団の中で激しくパニクりながら思った。

俺:「やはり、この女の子は、幽霊なのか?父親を失った幽霊の女の子が彷徨っているウチに、たまたま俺が寝ている部屋にたどり着いた。そして俺のことを実の父親だと思っているのか?そうだ、そうに違いない。でも、取り憑かれたらヤバイな、大変なことになりそうだ」

そんなことを思いながら、1つの案を思いついた。

俺:「そうだ!部屋の電気を付けよう!」

これを読んでる人は、「しょうもない案だ」と思うかもしれないが、俺にはこれしか浮かばなかった。

実は何があっても良いように、電灯のヒモに更に長いひもを付けていて、寝ながら、電気のオン、オフを出来るようにしてあった。
そのヒモは、枕の左斜め下にある。
勇気を持ってそのひもを引っ張ろうとした。
電気さえ点けば、その女の子は消えるはずだから。(25年程前、ウチの母親は、坊さんの幽霊を見た。目をこすっても見えたそうだ。めがねを掛けても見えたそうだ。しかし電気を付けたら消えたそうだ)
その話を思い出した俺は、勇気を振り絞って布団から手を出し、手探りでヒモを見つけ思いっきり引っ張った。
電気が点いたのは、布団の中からも分かった。
眩しい感じがする。

しかし、安堵したのもつかの間。
第2の恐怖が俺を襲った。
掛け布団のわずかな隙間から女の子の膝小僧とスカートが見えた。

「おい、おい、幽霊なのに消えないじゃないか。冗談やめてくれよ」と、全身で震えていた。

女の子の「パパ、遊ぼうよー!」と言う可愛らしい声は、相変わらず布団の外から聞こえてくる。

「ヤバイ、どうしよう。このままこの女の子は、俺をあの世に連れて行く気なのか?」

なんて考えてるウチに、俺を揺り動かしていた女の子の手が、今度は俺の掛け布団をはごうとし始めた。

「うわあわあわ・・・・怖い、怖い、怖い」

俺は心の中で叫んでいた。

そして、とうとう俺の顔の半分程が布団から出てしまった。
そしてハッキリと見た!その女の子の顔を!!
俺は子供は好きだがロリコンではない。
でも、思わず心奪われそうになるくらい、可愛らしい女の子だった。

「か、かわいい~。超可愛いじゃん」

年齢は5才くらいか?
丁度、親戚にひろよちゃんと言う小さな可愛らしい女の子がいるが、丁度その子と同じくらいに感じた。
そしてその女の子の顔を見てから、さっきまでの恐怖感やドキドキはどこかに吹き飛んでしまった。

女の子と目があった。
その子は、微笑みながら「パパ、遊そぼ!」とまた言った。
俺はその子の可愛らしい仕草に思わず「う、うん」と頷いてしまった。
布団から出て、あぐらをかいて座っている俺にその子が抱きついてきた。
そして「パパ、ぎゅってして!!」って、甘えてきた。

軽く抱きしめながら、その子の髪をいい子、いい子してあげた。
この子の手は、とても柔らかで紅葉みたいにとても小さくて可愛かった。
その子は、上目遣いに俺を見て、少し微笑みながら気持ちよさそうにしていた。

「ああ、この子が20才くらいの子だったら、最高なのになぁ」

そんな少しエロイ妄想しながら、頭を撫でてたら、また要らぬ想像が俺の頭に浮かんだ。

もしかして、再度この子の顔を見ると化け物になってたり、あるいは、口からドヴァーと血でもを吐いて、「ウヒヒヒヒ」とか笑うんじゃないだろーな、なんてよくホラー映画にありがちな、結末が頭の中を駆けめぐった。

俺は頭を撫でながら、恐る恐るその子の顔を見た。
やっぱりさっきの可愛らしい女の子だった。
今度は、白い小さな歯(乳歯?)を小さな口から覗かせながらその子は大きく笑った。
本当にその子は楽しそうだった。
俺も想像してたような事が起きなくてホッとした。
体の重さも、触った感じも、髪も、普通の5才くらいの女の子と何も変わらなかった。

俺はその子に聞いてみた。

俺:「お名前は何て言うの?」

その子から急に笑顔が消え、怖いくらいにキッと俺をにらみつけて、「パパ、ゆうなのこと忘れちゃったの?」と、言ってきた。
俺は、かなりマズイと思った。
この子は怒って化け物に変身して、俺をあの世に連れて行くのか?

しかし、俺から出た言葉は「違うよ。ゆうなは、来年小学校に入るだろ?だから一人でお名前が言えるのかな?って思って試してみたんだ」だった。

女の子:「なんだよかった!パパ、ゆうなのこと忘れちゃったのかと思った」

笑顔がこの子に再び戻った。
正直、5才くらいにしてはしっかりとしてると思った。

でも、この子を抱っこしながら思った。
いくら可愛いとは言え、俺が見知らぬ子を抱いているのは、おかしな事だし、奇妙なことだ。
事実、あり得ない出来事だ。
でも夢ではない。
しっかりと俺は一人の少女をこの腕に抱いている。

やっぱり怖くなった。
この状況が飲み込めなくなった。
そこで思ったのは、名前と住所を言わせれば、何か解るかもしれないと言うことだ。

俺は言った。

俺:「ねぇ、ゆうなちゃん、自分の名前を住んでる場所を一人で言えるかな?」

女の子:「うん、言えるよ!」

そのゆうなという子は、大きな声で、名前と住所を言い始めた。

女の子:「※ゆうなです!」(※は、俺と同じ名字だった!)

女の子:「おうちがあるところは、※※市※※※1××9番地です!」

・・・って、おい!
そこは俺んち住所じゃねーか!!
俺は、一体この子は何なんだーと思った。
それに隣の部屋に寝てるはずの親父が起きてこない。
これだけこの子が笑ったり、幼児特有の奇声を発したりしていると言うのに。

俺は益々訳が分からなくなった。
でも、確かに子供は俺の上に座って、甘えたり、笑ったり、保育園での出来事を楽しそうに話している。
どれくらいの時間、この子と遊んだことだろう。
大分遊んだ気がする。
子供好きな俺にとっては、楽しい一時でもあった。

急に抱っこしている女の子の顔から笑顔が消えた。

女の子:「パパ、もうお別れの時間が来ちゃった・・・」

女の子は大粒の涙をこぼし始めた。
俺はその顔を見てたら、思わず胸がキューンとしてしまった。
俺は「大丈夫だよ、また逢えるよ。そしたらまた一緒に遊ぼうね」と言った。
その子は大きく頷いた。

でも、その子は、まだ悲しげに泣いていた。

俺:「今度、いつ逢えるの?」

女の子:「・・・・」

俺:「・・・・」

女の子「8年後だよ、パパ!」と言ったかと思うと、まるで蒸発するかのように、その子は俺の腕の中からかき消えた。

・・・その瞬間、部屋は、元の真っ暗闇に戻っていた。

俺は、(再びパニクり)急いで、電気を付けたけれど、もうその少女は消えていた。
夢か?幻か?幻覚か?一体なんなんだ?

やがて布団の中で眠りに落ちた俺は、朝を迎えた。
昼食の時、親父がぽつりと言った。

親父:「昨日、久し振りに金縛りにあったよ。その間、お前の寝てる部屋から、何か話し声や笑い声が聞こえてきたがTVでも見てたのか?」

俺は「え?」と思ったが、もう一つ消せない事実がある。
少女は消えたが、あの子が持って来た小さなうさぎのぬいぐるみは、俺の枕元に残っているのだ。

あの子の言う8年後って一体何なんだ?
俺の子として産まれてきて、再び再会するという意味か?
でも俺に結婚とか、妻とか、子供とか・・・・うーん、これからもあり得ない事だろな、恐らく。