うちの親父は外国商船の下級船員だったが、霊とかネッシーとか全く信じてなかったので、生前この手の話は聞けませんでした。
只一つだけ不思議なモノを、サルガッソー海で目撃したそうな。(まあオカルト的に言えば、バーミューダー・トライアングルの中ですね)

昭和30年代初めのある晴天の日、いつものように甲板を歩いていた親父が船の右舷に沿うように、水面下10メートル程の深さに細長い物体を発見した。(親父曰く、超長い白木綿の晒しの布のようだったそうです)
ただその長さが半端でなく、船の全長の3倍はあろうかというシロモノで数時間に渡り、船に寄り添うように付いて来たそうである。

親父の乗ってた船は総排水量1万トンクラスの貨物船だったので、おおよそ全長300m以上はあった計算になります。

当直航海士にも報告し航海士も目視したので、航海日誌にも記載されてる筈だ、と言ってました。
ただ、別に船に近づくでもなく、一定の距離を保ったままで危害を及ぼす心配もなかったので、放置してたら夕刻いつのまにか消えていたそうです。

結局、航海士も船長も(もちろんドキュソだった親父も)何かは分からず、下船後、他の船の同僚たちに聞いて回っても、皆目見当もつかないし見た事無いって言われたそうです。

第二次大戦中は乗ってた船が機雷と魚雷にやられて2回も沈没の憂き目に遭ってるのに(そのうち1回は、夜間だったので乗員の3分の2が死亡・行方不明)、心霊体験とか全く無いって言うんだから、つまらん親父でした。