学生時代に体験した奇妙な出来事を投下してみる。

当時、週末になると友人の家で夜通し遊ぶことが多かった。
友人宅は一戸建てで結構広く2階にもトイレがあるような家で、私と共通の友人でその家に行き3人でよく遊んでいた。

友人(以下A)の部屋は2階にあり、深夜2時を回っても1階からドアの開け閉めの「バタン」という音や足音などががよくしていた。

大体4時頃までその物音は不定期に鳴り続ける・・・。
Aは両親と同居しているので、当然Aのご両親が立てている音だと思っていた。

1年ほど経った頃、相変わらず物音がするのでふとAに尋ねてみた。

私:「Aのご両親って結構寝るの遅いんだね」

A:「いや、とっくに寝てるよ」

私:「え?でも1階からよく物音するよ?」

A:「知ってるけど両親じゃない」

私は冗談かと思ったのだが、Aはいわゆる怪談の類が大嫌いな人で、とてもこんな冗談を言うはずがなかった。
さらにAの家に来ている共通の友人(以下B)はその物音が全く聞こえていないという。
私とAははっきりと聞こえているのにBのみが聞こえていない。
それも冗談かと思い、Bとは軽い口論になったほどなので、恐らく冗談ではないのだろう。

ただ物音がするくらいなので、不思議だとは思いつつも恐怖を感じるほどではなかった。

しばらく経ったある日、いつもの3人でA宅に集まった。
すると、深夜に例の物音が始まった。
また始まったなぁ・・・と思いつつAの顔をチラリと見ると、Aも私の顔を見て頷いている。
Bは全く気づいてないようだ。

ところがなんとなくだが、普段と雰囲気が違う。
言葉では説明できないが、いつもの物音とは何かが違っていた。
何か変だなぁと思っていたところ、ゆっくりと階段を上がる足音が聞こえてきた
流石にこれには肝を潰し、意識を足音に集中した。

ミシミシ・・・ミシミシ・・・

明らかに誰かが階段を上ってきている。
そしてそのあたりから3人の会話が完全に途切れた。
聞こえていないBすら何故か話をしようとしなかった。

ゆっくりと近づいてくる足音。
そしてその足音はとうとう階段を上がりきったようで、今度は2階の廊下から聞こえてきた。

トン・・・トン

歩く音がする。
そしてその足音は私たちの居る部屋の前で止まった。

瞬間、物凄い緊迫感が走った。
明らかに何者かがふすま越しにこちらを見ている。
その視線と気配に圧され、激しい恐怖に襲われた。

やがて気配が突然無くなり、妙な圧迫感は無くなった。
流石にこれは本気で怖かったので、Aに確認することができなかった。

Bには後日、このことを話してみたら、やっぱりなにも感じてはいなかったとの事。
会話が途切れたのは偶然だと言っていた。

やがて社会人になり、互いに忙しくなかなか集まる機会が無くなったのだが、たまたまばったりAと会ったので、物音はどうなったか尋ねてみた。

実はAの部屋のカーテンレールにピエロのマリオネットがいつもかけてあった。
フリーマーケットで買ったものだそうだが、それを捨てたところ、件の怪現象はパッタリ無くなったと言っていた。

なんとなくだが、物音の主は「子供」だったような気がしていた。
あの人形に憑いた何かだったのだろうか。

以上です。