中学生の頃、見た目も性格も醜悪なピザ女がいた。

クラスの皆から相手されてないような奴。
んで、そいつがことあるごとに「私はイジメられてる!差別だ!!」って被害妄想丸出しで便所にこもるんだよ。
しかもたち悪い事に毎回違う女子便所の個室。
そいつがこもる度に担当の教師が「○○さんを皆で探しましょう」って言うんで皆して探してたんだ。
さすがに男子連中は女子便所に入れないんで体育館とかうろうろする程度だけどさ。

そんで毎回見つけるのが唯一そのピザ女と仲良くしてあげてたKさんっていうおとなしい女の子。
教師もそのピザがこもったり、登校拒否になるとそのKさんに押し付けてた気がする。

ある日またピザが例の如く、授業中に奇声上げて脱走したので皆で捜索。
しかしいつもと違ってなかなか見つからず一旦教室に引き上げたんだがKさんだけが見当たらない。

当時学級委員だった俺は教師の命を受けて渋々一人でKさんとピザを捜索しにいった。
もう一人の学級委員は何を隠そうKさんだったので俺一人。

「Kさ~ん、Kさ~ん」

そう言ってって探してたら、体育の時間なんかに使う離れた所にある便所の方から大声が聞こえてきたんでそっち行って見たんだ。
すると、なぜか女子便所の前で正座させられたピザがKさんにボロクソ言われてた・・・。

「てめぇは何回私に迷惑掛けたら気が済むんだ!!ゴラァ」ってな感じで最後には「もう死ね!死ねよてめぇ!!地球のゴミが!!全部究極に不細工だな!てか死ね!!死ね!」って。

あんなおとなしいKさんが・・・と思うと女性不信になりかけた。