終戦記念日だなーと思いながら広島市街でお仕事に励んでいた時の話。

とあるビルの前に数台の大型バスが止まってて軽く渋滞を引き起こしてた。
車載ラジオでは陰鬱な雰囲気の番組が続き笑い声もなく淡々と進行してて。

そんなラジオから何時に黙祷が行われましたって声が聞こえた瞬間に、たまたまそのバスの横を通りかかったんだが、ふと車内に目をやると全員の首から先が無いっつーか、うつむいて黙祷してるようなのね。

ええっ!?
投下時刻でもなんでもないぞ!?
なんで首ねーの!!?

・・・と驚いて確認したんだが、更に驚いた事に数台のバス全ての乗客が黙祷中で百人以上がピクリとも動かない。

昼前だし広島ともなればそれなりに交通の往来も人通りもあるわけで、賑やかそのものにも関わらず満員のバスの中だけが葬式のような状態。
全員が私服の若者で大学生の様子。

引率らしき教員まで首から折れ曲がってるもんだから、背筋に冷たいものが走った。

しかし、よくよく見ると全員がスマホいじっててた・・・。
別件だけど飲食店で家族連れが同じ状況になってた事もあってさ・・・。

冗談抜きに現代最高のホラーはスマホ依存症だと思う。