河童の目撃談です。
父が8歳くらいの頃の話。
ただ、父は今でもそれが本当に河童であったかどうか、確信が持てないとか。

父の実家は四国のかなり田舎にあり、その裏手の雑木林を抜けたところに淵がありました。
蒸し暑い夏の夕暮れ時、幼い父が釣りにも飽きてふと川下の方を見ると、頭に皿、背に甲羅、両手にオニガラウリ(四国では現在もメジャーな野菜。きゅうりに似るが、より長くて太い)を両手いっぱいに抱えた、緑色の生き物が、距離にして10メートルほど先の対岸で、じっと父のほうを見つめていたそうです。

河童だ!!!!!!!!!!!!!!!!!

父はそう直感したものの、さすがに怖くて体が動かない。

そのとき、「俺、河童じゃないからな!」と、その緑色の生き物は流暢な標準語で叫び、淵に飛びこんでいなくなったそうです。

河童に違いないと思った父も、本人から真っ向に否定され、確信の持てないまま今日に至るそうです。