私は地方で一人暮らししている女で古いアパートに住んでます。

ある日、アパートから帰ってきて郵便受けを見ると中にカッターナイフが入っていました。
カッターは、文房具屋に売ってそうな普通のカッターです。

最初にそれを見たときは怖いとは感じず、「何コレ?」と思いながらカッターを取り出して、マナーが悪いかもしれませんがその辺に置いていきました。

しかし、次の日も次の日もカッターが入ってました。

なんなんだろう、ストーカーかな・・・?

そんなある日、いつもより早めにアパートに帰ってきました。
そこでばったり、私の郵便受けのふたを開けて何か入れてる人を見てしまいました。

それは痩せた女の人でした。
怖かったけど、少なくとも大柄の男性とかじゃなかったので、「やめてください」と言いに行くことにしました。

女の人は意外と普通な人に見えました。
突然の事で「すみませんすみません」、と謝ってくれました。

私は「なんでこんなことしたんですか」と聞きました。
すると女の人は、何故かゆっくりゆっくり頭を下げました。
そして、すごく上目使いになって、私を見つめてきました。
で、低い小さな声で「聞ぃきぃたいんですかぁー?」と。

私が何も言えずにいると、女の人は「ふふふふふふふふふっ!」と笑って、私の郵便受けからさっき入れたらしいカッターを取り出し、自分の手首をザクザク切り始めました。

よく見ると彼女の手首には赤い傷跡がいっぱいありました。
手首というか、ひじの内側の辺りまでびっしり。
そして女の人は、私の隣の郵便受けに血の付いたカッターを突っ込むと、ふらふら去っていきました。