オカルト好きだけど、霊感が全くない俺の唯一の体験。

学校所有の宿舎があって、1年の時はそこへ水泳合宿に行く。
入り口は勿論守衛室があるし、裏にある海岸は学校のプライベートビーチになってて部外者は入れない。

で、俺のクラスが寝泊まりする部屋がその海岸に出る扉(勝手口みたいな木の戸)と一番近くて中庭に面したところだった。
クラス40人が襖を外して一繋がりになった和室で蚊帳下げて寝ることになるんで、晩飯後はまあめっちゃ騒がしかった。

部屋にはテレビもなく22時に消灯したけど、携帯とか懐中電灯つけて雑談やらゲームやらしてた。

すると・・・0時過ぎたくらいかな?

突然意味もなくシーンとする瞬間ってみんな経験したことあると思うんだけど、それが来た。
で、それと同時に中庭側の障子の外に人だかりの影が映った
見回りの先生とかじゃなくて、明らかに隊列を組んで「ザッザッザッ」と海岸への扉に進む影・・・。

クラスメイトがざわつき始めて、これは俺だけが見てるものじゃないって分かった。
そしたら今度は障子の外が下からオレンジ色に明るく照らされた。
同じくらいのタイミングで「ウーーーーー」ってサイレンみたいな音もしてきた。

この頃には周りがみんな軽くパニックみたいになってて、でも誰一人として障子を開けようとはしなかった。
どれくらい時間が経ったのかは分からないけど、気付いたら人影も明かりも音もなくなってた。

その後、生徒達の騒ぎ声で見回りの先生が部屋に来た。
一部が今あったことを報告、先生たちによるドッキリか?とも疑った。
でも後から来た他の先生もさっぱり分からんって反応で、結局集団ヒステリーで片付けられた。

学校は古くて敷地内では兵隊の幽霊がいるなんて話は生徒の中では有名だったから、思い込みでそんなものを見たんだろうか・・・。
でもクラス全員がっていうのは珍しいよなあ、と未だに同窓会では話題になる。