死んだ祖父に聞いた話。

祖父の祖母の時代というから大正か明治だかの話だと思う。
祖母が住んでいた町である朝、娘さんがいなくなった。
一緒に寝ていた兄弟たちも少しも気付かなかったそうだ。
町内で評判の美人だったから、町は騒然となった。
駆け落ちか、神隠しか、人攫いに攫われたかと心当たりは愚か川や山を探したが見つからない。
娘の母親は心配のあまり寝込んでしまったそうだ。

ある夜、母親の夢枕にいなくなった娘さんが立った。
突然姿を消したことを侘び、「自分は嫁いだ身だからもう帰れないが、元気を出してくれ」といったそうだ。
母親は驚いて、「本当か?駆け落ちでもしたのか?相手は誰だ?都会の学生か?」と聞いた。

娘さんは首を振って、相手は云えないが、悪い人ではないからと云う。
母親はそれでも一度でいいから帰って来い。悪いようにはしないからと言ったが、娘は「もう会えない、帰れない。自分は嫁いでしまったから」と繰り返した。

嘆く母親に、自分とわかる形見を残したから、きっと受け取ってくれと念を押して娘は消えた。
身なりもいいし、やつれた風でもなかったが、ずっと口元を隠していたそうだ。

それから暫くして家族が警察に呼ばれた。
犯人が警察に送りつけた挑戦状だと見せられたのは、一揃いの人間の歯だったそうだ。
ただ左右の糸切り歯と対の下の歯がなかった。
親、町の人間は、それを見て納得した。

娘は器量良しだったから、山の神の嫁に取られてしまった。
嫁に行っていらなくなった歯を、形見代わりに還してきたんだと。
昔から何十年かに一度、そういうことがあったらしい。
それで娘のいなくなった日を命日として、警察から下げてもらった歯を形見として墓に入れたんだそうだ。
警察ではそんな迷信が今時あるものかと随分捜査したそうだが、結局娘さんは見つからなかったんだってさ。

祖父の祖母は「昔語りに女子はあんまり器量よしでもいけない、山の神に取られるから・・・」と祖父に云ったそうだ。